アメリカでは今週末に「ヤング・アット・ハート」というドキュメンタリーが公開されるらしくて、これは平均年齢が81歳という老人だらけのコーラスグループが、ソニック・ユースやラモーンズ、クラッシュにコールドプレイといったヤングでナウなバンドの曲をカバーするさまを撮影した作品らしい…。

批評家の評判はいいみたいだし、imdbのコメント欄でも「素晴らしい!」とか「感動した!」なんて意見が寄せられてるのでそれなりに優れた作品なんだろうけど、個人的にはジジババが「I Wanna Be Sedated」とかを合唱する光景には引いてしまうなあ…。ラモーンズの面々やジョー・ストラマーが(比較的)若くして死んだのはやはり正しかったのだと思うことしきり。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now