「ZOO」鑑賞

(注:今回の話はちょっとグロいよ。俺はまったくこのような趣味がないのであしからず。)
去年のサンダンスで話題になったドキュメンタリー「ZOO」を観る。これはシアトルの郊外の農場で馬とヤっちゃった結果、大腸が破れて内出血により死亡した男性を中心に、動物との性愛行為に励む人々の姿を追ったもので、題名の「ZOO」というのも動物園のことではなく動物への愛を意味する「Zoophilia」からとられている。詳しくはこちらの記事をどうぞ。

テーマはドギツいが内容は別にゲテモノ趣味に走っているわけではなく、動物を純粋に愛の対象としてとらえる人々(出てくるのはみんな男性)を紹介するものになっており、グロテスクな映像なども登場せず、死んだ男性の仲間だった人たちのインタビューを中心に構成された作品となっている。役者を使って当時の状況などを再現するスタイルをとっていて、この手法をとるドキュメンタリーって俺は好きじゃないんだが、さすがに関係者の顔や実名を晒すわけにはいかないから仕方ないか。以前までは田舎の農場でそれぞれ行為に耽っていた人々(オヤジが多い)が、2000年代になってインターネットが普及したことにより全国の同士と連絡を取りあえるようになり、仲間うちで集まるようになったという点は興味深い。ドイツや日本の人とも連絡をとったなんて話も出てくるから、こうした行為は日本でも行われてるんだろう。

このドキュメンタリー自体は彼らを糾弾したり好奇の目でとらえるようなことはせず、あくまでも同情的にとらえているものの、なんか彼らの文化(?)の表面をなぞっているだけで、なぜ彼らがこのような行為に耽るのかという内面に迫っていないのがダメ。彼らの自己弁護が淡々と語られるだけで、60分ちょっとという短い尺なのにどうも冗長に感じられてしまう。死んだ男性もそれなりに倒錯した経歴があったらしく、上記の記事にあるように「防衛プロジェクトの仕事や離婚、バイク事故による後遺症など」に影響されていたらしいが、ドキュメンタリー内ではそうしたことに殆ど触れられていない。ドキュメンタリーの対象に優しく接するあまり、深く接することができなかった典型的な失敗例ですかね。テーマ自体は間違いなく人目をひくものの、ドキュメンタリーとしてはかなり出来が悪い作品。

ちなみにこの男性の事件が起きるまで、ワシントン州ではこのような行為が非合法とされておらず、事件がきっかけで罰則が設けられることになったそうな。日本だとどうなってるんだろう。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now