a40fac58c90e92d00557017facaec478
BBCの新シリーズで「ドクター・フー」のスピンオフ作品。これキャラクター紹介がまんまネタバレになるので以下は注意。

舞台となるのは「ドクター・フー」でクララが勤めていたコール・ヒル高校で、あの番組にも登場した先生たちがちらほら出ています。つうかコール・ヒル高校って1963年の「ドクター・フー」の第1話にも登場したという、由緒(?)正しい学校なんですね。そこに時空の切れ目が生じたことで、奇妙で恐ろしい存在がいろいろ学校に出現することになり、そこの生徒であるエイプリルたちは学校を守ろうとするのだった…というようなあらすじ。
624
話の主人公となるのは4人の生徒と一人の教師で、上の写真の左から説明すると:

・タニヤ:厳格なナイジェリア人の母を持つ女生徒。頭脳明晰なため飛び級で年長のクラスに属している。
・チャーリー:一見は内気なゲイの青年だが、正体は他の星に存在していた文明の王子。反乱軍と戦っているあいだに「影の眷族」に星の住民を皆殺しにされ、ドクターに救われてミス・クイルとともに地球に逃げてきた。
・エイプリル:明るい性格だが友達のいない孤独な女生徒。心臓に特徴あり。母親は事故により車椅子に乗っている。
・ラム:スポーツマンでモテ男だが繊細な面もあり。「影の眷族」に襲われ重傷を負うが…。
・ミス・クイル:口の悪い科学教師。実はチャーリーの王国に反旗を翻したレジスタンスのリーダーであったが、捕獲されて脳に蟲を入れられ(!)、チャーリーの護衛をするよう精神的な束縛がされている。またこの影響で一切の武器を使う事ができない。

とまあ、みんな特徴的な面々が揃ってます。チャーリーのボーイフレンドも彼の正体を知ってるような描写があるのだが、準レギュラー的な扱いなのかな。生徒たちが肉体的にも精神的にもトラウマを抱えていて、セクシャリティとか家庭環境についても悶々としたものを抱いていることが丁寧に描かれているかな。その一方で悪態をつきまくるミス・クイルは悩みなんぞなくて、武器が使えないのに細腕でケンカを売ろうとするあたりがサイコー!みんなキャラが立っていて面白いですよ。あとは学園ものにしては比較的珍しく、生徒たちと親とのやりとりにもしっかり時間が割かれていた。

年末まで「ドクター・フー」の全権を握っているスティーブン・モファットは裏方に徹し、原案と脚本はパトリック・ネスが担当している。彼のことは知らなかったけど、邦訳も出ているヤングアダルトSFの作家なんですね。なんかちょっと暗いSFを書く人らしく、この番組の雰囲気に合っているかも。

学園を舞台にした「ドクター・フー」のスピンオフといえば「サラ・ジェーン・アドベンチャー」があったけど、あれよりかは明らかに大人向けで、セックスのない「トーチウッド」といったところか。ゴア描写もそれなりにあって、ラムが毎度血しぶきを浴びるのはランニング・ジョークを狙ってるんだろうか。そして1話あたり4〜5人の犠牲者が出ているのだが、そんな危険な学校はすぐさま閉鎖されてるだろ!

あと第1話はドクター出てきますよドクター。話が生徒たちからの視点になっているため、「なんかヤバそうなオッサン」という扱いになっているのがなかなか新鮮であった。

ティーンが抱える特有の繊細さと不安が、学校の不気味さとうまくマッチしていい暗さを醸し出している作品。逆にCGのクリーチャーが出てくるとちょっとショボくてガッカリするので、クリーチャー出さずに雰囲気だけで勝負したほうが面白いかもしれない。何にせよ今後の展開に期待。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now