mtv_sv_jumbotron_2
MTVの新作ドラマ。

舞台となるのは学生寮のある大学キャンパス。そこでは男子学生による女子への性的暴行が頻発していたが逮捕されるような者は少なく、男子たちは大手を振って生活していた。そんなとき暴行をした男子の一人が黒づくめの人物によってボコボコにされるという出来事が発生する。この人物の正体は女子学生のジュールズで、昼間は優秀な生徒である彼女は夜になると一人で男子学生たちに天誅をくらわせていたのだった。そして友達が少なくてコンピューターに詳しい女子のオーフェリアは、現場に残されたペンダントからジュールズの正体を知り、彼女を尾行していって結果的にジュールズのピンチを救うことになる。こうして二人はコンビを組み、悪い男子を懲らしめていくのだった…というようなあらすじ。

日本でも男子学生の横暴が報じられたりしてるけど、アメリカの大学での性的暴行というのは結構深刻な問題になっているらしい。こないだはローリング・ストーン誌が学生寮でレイプされたという女子の記事を掲載したあとに、どうも虚偽だったらしいとうことで叩かれていたけど、どれだけの事件が起きているのか明確になっていないというのも状況を深刻にしているのでは。女性を蔑視した発言をした人物が大統領になったりするとね、女性にとってはますます声を立てにくい世の中になってくるんじゃないですか。

そういった意味ではこの番組は絶妙なアンチテーゼになっているのかも。ジュールズとオーフェリアは忍者のごとき黒衣装(ブルカっぽくもある)に身を包んで、横柄な男子たちを痛めつけていく。ジュールズもかつて性的被害にあったことが示唆され、人が死んだりと真剣な展開がある一方で、MTVのドラマらしく流行の音楽(「Defying Gravity」の使い方は巧かった)とキャッチーなセリフに溢れており、ドラマなのかコメディなのかいまいち分かりにくいところもあるが、まあ今後の展開に期待しましょう。

ジュールズを演じるエライザ・ベネットはこれまたイギリス出身の俳優。若いけど結構なキャリアがあるみたい。オーフェリアを演じるテイラー・ディアーデンって「タイラー・ダーデン」みたいな名前だな…と思ってたらブライアン・クランストンの娘なのか!

当然のごとく反フェミニスト的な人たちには早くも叩かれているようだけど、こういう番組もあって良いと思うよ。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now