なんかイギリスの会社が「ドニー・ダーコ」の続編を製作するそうな。その名も「S.Darko」といって、リチャード・ケリーによる関与は一切なし。なんかものすごくバッタものくさいぞ。「ジョーズ 復習編」とか「ブレア・ウィッチ2」とかと同等のものになりそう。

しかしこういう映画の続編の製作権というのはどうやって取り引きされてるんだろう。大作映画なら製作時に続編の可能性を考慮しておくのは十分理解できるけど、「ダーコ」みたいなインディペンデント系作品の場合も、ちゃんと契約のどこかに続編のことを記しておくのかな。

ちなみに以前に「イージー・ライダー」の続編の権利を持っているという人に会ったことがあるけど、それ以来続編が出来たという話は聞かんなあ。あれにどうやって続編をつけるつもりだったんだろう。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now