最近いちばんトンガった番組を作り続けている放送局であるFXの新作シリーズ。「アメリカン・ホラー・ストーリー」や「アメリカン・クライム・ストーリー」のようなアンソロジー作品で、ということはつまりクリエーターはライアン・マーフィー。

名前の通り歴史上のイザコザをテーマにしたもので、第1シーズンは「Bette and Joan」と称して、1962年の映画「何がジェーンに起こったか?」の撮影時における主演のジョーン・クロフォードとベティ・デイビスのあいだの諍いに焦点をあてたものになっている。

かつてはハリウッドで絶大な人気を誇り高額のギャラを手にしていたクロフォードも、年をとるにつれてスタジオから声がかからなくなり、出演作は激減していた。ペプシコの社長の未亡人という立場であったもののペプシコから支払われる年金は乏しく、庭師たちに給料が払えない有様であった。そんなとき彼女は「何がジェーンに起こったか?」の原作小説に目をつけ、映画化を画策する。まずはロバート・アルドリッチに監督の話をもちかけ、そしてベティ・デイビスに共演を頼みこむ。彼女との仲は悪かったのだが、彼女との共演が大きな話題になることをクロフォードは狙っていたのだ。クロフォード同様に出演作に恵まれていなかったデイビスは共演を渋々受け入れる。こうして撮影が始まったものの、お互いに脚光を浴びたがる女優ふたりの共演がスムースに行くわけもなく…というあらすじ。

クロフォードはアル中でデイビスはチェーンスモーカーと、どちらもいい感じに壊れてます。グラマラスなハリウッドの世界を舞台に女性二人がイヤミを言いながら反目しあうところはキャンプ趣味たっぷりで、ここらへんはゲイ冥利につきるんだろうなあ。しかし最近のライアン・マーフィーは単に悪趣味の人ではなく「アメリカン・クライム・ストーリー」の鋭い描写が大絶賛を受けてるような人であるわけで、あちらがO.J.シンプソン事件をもとにアメリカの人種差別を描いたものだとすれば、こちらはハリウッドにおける年齢差別を扱っている感じ。女優が中年になっただけでスターの座から落とされ、仕事がまわってこなくなる光景を描写しています。なおFXはケーブル局なので放送禁止用語などの規制が緩く、こないだの「Atlanta」では(おそらく初めて)F wordがピー音なしに用いられていたが、こちらではC wordまでもが使われ、話題になってるみたい。

ジョーン・クロフォードを演じるのがジェシカ・ラング。映画を成功させるために苦心する役なんだけど、最近では「アメリカン・ホラー・ストーリー」の常連ということもありでホラーっぽい印象も受けます。一方で無愛想なベティ・デイビスを演じるのがスーザン・サランドン。劇中の白塗りメイクで登場するところが一つの見せ場な。ふたりの間で四苦八苦するアルドリッチ監督役にアルフレッド・モリーナ。あと当時の状況を往年の女優が回想するという形をとっており、オリビア・デ・ハビランドをキャサリン・ゼタ=ジョーンズが演じたり、キャシー・ベイツが出てたりします。

「何がジェーンに起こったか?」を観てないと十分に楽しめないかもしれないけど、ベテラン女優たちがハリウッド黄金期の女優たちを演じているという点で観る価値はあるかと。アメリカでの評判も良いらしいし、FXにおけるライアン・マーフィーの天下は続くので早くも第2シーズンの製作が決まってるのだが、そちらはイギリスのチャールズ皇太子とダイアナ妃のイザコザの物語になるとか!

Trackback

no comment untill now

Add your comment now