カテゴリー
映画の雑記

「ユービック」映画化か

フィリップ・K・ディックの傑作「ユービック」の映画化権をフランスの映画会社が買ったそうな。比較的映像化しにくい作品だろうけど、うまくやればかなり面白い作品になりそうなのでとりあえず期待。そういえば「アルベマス」も映画化されるんだっけ。この勢いで「高い城の男」とか「パーマー・エルドリッチの三つの聖痕」みたいな実に映画化しにくい作品も映画化されたりしたら面白そうだな。

埋もれた傑作だと個人的に思っている「去年を待ちながら」は「マイノリティ・リポート」みたいな感じで映画化できそうだと思うんだが、誰かどうよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。