映画化もされたスティーブン・キングの小説のTVシリーズ版で、放送局はSpike。

まあ設定はご存知のように、謎の濃霧がメイン州(where else?)の田舎町を覆い尽くすようになり、それと同時に怪現象が起きるようになって住民が殺されていくというもの。ただし登場人物はみんなオリジナルの設定になっているみたい。第1シーズンだけでも10話あるので話の展開はやたら遅く、第1話では後半になって濃霧が出てきて、ゴキブリが人を襲うような描写はあるもののクリーチャーなどは登場せず。あとこちらの濃霧は人を狂わせる(記憶喪失にさせる?)効力を持っているみたい。

登場人物は性教育を教えたことで学校をクビになった女教師とその夫、彼らの娘でパーティーでデートレイプされたらしき少女、そのゲイの男友達などなど。あとは保安官とそのジョックなアメフト息子とか、霧のなかから現れて記憶を失っている兵士、他界した町の住人の友人だという謎の女性などが出てきます。性教育を敵視する保守的なママさんが、映画版の宗教おばさんみたいな役回りになるのかな、と思いきや警告を無視して外出して真っ先に殺されておりました。

ショッピングモールに閉じ込められた母親と娘、警察署から外に出た教師の夫と保安官たち、あとは夫を霧から出てきた男に殺された老婆という3チーム(?)が主体になって話が進んでいくのかな。保安官や兵士がいるあたり「ウォーキング・デッド」っぽい展開になるかもしれないが、いかんせん謎のキャラクターが多くて今後の展開はよく分かりません。

登場する役者はモーガン・スペクターとかアリッサ・サザーランドとか、よく知らんなあ…。このあとイザイア・ウィットロック・ジュニアが登場するみたい。

話の設定はやはり面白いと思うものの、基本的にこの作品は密室劇であるわけで、何エピソードも話を引っ張ることってできるのかな?スモークを炊いたセットで撮影してるだけなので製作費は安くつきそうだけどね。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now