こんど新作「ベイビー・ドライバー」(傑作!)が公開されるエドガー・ライトの1995年のデビュー作。そう、「ショーン・オブ・ザ・デッド」の9年前に1本撮っていたのだよ(この前にも「Dead Right」という短編を作っているらしい)。

当時は劇場1館だけで公開されたという超低予算作品で、DVD化もされてないので幻の作品かな…と思っていたらググったらすぐに動画が見つかった。アップしたの誰だ。なお上の画像に「20周年」とあるように、こないだLAで20周年記念の上映があったとか。

内容は題名から分かるようにセルジオ・レオーネあたりのマカロニ・ウェスタンのパロディとなっていて、さすらいのガンマンが自分の愛馬を殺した悪党を追い詰める、というのがざっくりとしたプロット。でもコメディなので話は脱線しまくってるけどね。

監督が友達を総動員して作ったアマチュア映画なので、出てくるインディアンやメキシコ人は顔に色を塗った白人だし、馬は自分の足で動かす木馬。ならず者たちの酒場は近所のパブで、西部の荒野は郊外の森あたりで撮ったんだろうなあ、というのがよく分かる。

話もしょーもないギャグが次から次へと繰り出される展開で、まあ正直なところあまり面白くありません。78分という短尺ながらも、結構グデグデになってしまっていたような。ガンアクションのところの編集とか、音楽と映像の合わせ方とか、のちに開花するライトの才能の片鱗がうかがえた…ような気がした…。

出演者もみんな無名の役者(?)ばかりで、当然ながらサイモン・ペッグもニック・フロストも出てません。主役のガンマンを演じるグラハム・ロウはライトの後の作品(「SPACED」とか)にも出ているみたい。最後にイギリス版「どっきりカメラ」みたいな番組の司会をやっていたジェレミー・ビードルという人がカメオ出演しているんだが、彼はどういうツテで出演したんだろう。

まあエドガー・ライトのよっぽどのファンでもない限り観る必要はないだろうが、西部劇愛というか映画愛が感じられる作品だし、後に傑作を作り続ける人がかつてはこういうものを撮っていた、というのを知る意味では興味深い作品ではないかと。というわけでみんな「ベイビー・ドライバー」観に行きましょう。

これはファンメイドのトレーラー。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now