宮崎勤の死刑執行

彼の犯行範囲ってうちの実家に比較的近くて、犠牲になった子の一人が、俺の中学の先生の息子と小学校(幼稚園?)で隣の席同士だった、なんて話を聞いたことがあったっけ。

今になって考えると筋金入りの猟奇殺人者だったわけだが、当時発展していた「オタク文化」を、彼の存在が良くも悪くも世の中に広く知らしめることになったんだよな。こないだの秋葉原の事件もそうだったけど、アニメやゲームが好きなオタクを「悪」や「異端」とみなすメディアの風潮の発端は20年前の彼の事件に辿り着くんだろうな。

まあキモオタはバッシングの対象に最適なんでしょうけど、世の中の悪事の大半は「普通の悪い人」によって行われているわけで、別にオタクが猟奇的な存在であるわけではないんだけどね。以前に六本木のディスコで行われた「スター・トレック」のファンクラブのパーティーに招かれたことがあるんだけど、ディスコの上の階では黒服たちのパーティーが行われていたらしく、階を間違えた黒服たちがファンクラブのパーティーに入り込んできてたわけですよ。その光景を見て感じたのは、ヤバそうな雰囲気を持ってるのは明らかにトレッキーたちではなく黒服たちであるということと、それでも社会的に「認められてる」のは黒服たちなんだろうな、ということ。オタクよりもヤクザたちを取り締まったほうが世の中安全になるはずなんだが。

まあ何にせよ、幼い子どもたちの命を奪った事実は変わらないわけで、もし地獄というものがあるのならば、彼にはそこでずっと苦しんでほしいところです。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now