英チャンネル4で突然始まったダークなコメディシリーズ。「このサイテーな世界の終わり」という邦題でネットフリックスでもやってんのかな?原作はいちおうアメコミで、ファンタグラフィックスから出ているチャールズ・フォースマンという作家の同名作品らしいが、すまんまったく知らなかったよ。

ジェームズとアリッサという二人のティーンエイジャーを主人公にした内容で、ジェームズは幼少時から感情が欠如したサイコパスで、ただ自分がどう感じるかをしりたいがために揚げ物油に手を突っ込んだような少年。動物を殺すことだけに些細な喜びを感じ、次はいよいよ人間を手にかけようとしていた。アリッサはジェームズに比べると感情はあるものの、やはり家庭や学校に馴染めないダークな不思議ちゃん的キャラで、学校で知り合ったジェームズに、一緒にどこか遠くへ行くことを持ちかける。ジェームズもまたアリッサに対して殺人の衝動(!)を抱き、ふたりはジェームズの父親の車を盗んであてもない旅に出るのだが…という内容。

全8話のロードムービーといった展開で、全編に渡って印象的な楽曲が流れるなか、恋愛感情などが完全に欠如したカップルによる逃避行というのが目新しくていいですね。我が道を行くタイプのアリッサに対し、彼女を惨殺する光景を想像して興奮するジェームズとかすごくシュールでいいぞ。ダイナーとかが出てきて舞台はアメリカっぽいんだけど、登場人物はみんなイギリス訛りで喋るし車は右ハンドルだし、舞台設定に微妙な異世界感があるのも話の雰囲気にマッチしている。

ジェームズを演じるアレックス・ラウザーは「イミテーション・ゲーム」で少年時代のアラン・チューリングを演じていた人か。アリッサ役のジェシカ・バーデンは「ロブスター」に出てたらしいけど、役柄のせいか同じくダークなロードムービーの「ゴッド・ブレス・アメリカ」に出ていたタラ・リン・バーによく似ていると思いました。

第2話ではさっそくジェームズを狙ったペドファイルとかも出てくるし、決して万人受けするような作品ではないのだけど、次に何が起きるかまるで予想がつかないという点では非常に見応えのある作品ではないかと。とりあえず全話観てみます。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now