NYパンクバンドの始祖、ニューヨーク・ドールズって個人的にはあまり聴き込んだ経験はないのですが、数年前に観たライブが非常に良かったことなどもあり、それなりに好きなバンドなのです。

そんな彼らのベーシスト、アーサー・”キラー”・ケインにスポットをあてたドキュメンタリー映画「ニューヨーク・ドール」を鑑賞。70年代にドールズの一員として名声を得たケインだったが、ドラッグなどの問題によりバンドはすぐに解散し、その後も彼はロックスターとして成功しようとするもうまくいかず、しまいには妻とケンカして自殺未遂を起こしてしまう。失意の中のケインはふとしたきっかけからモルモン教に改宗し、敬虔な信徒として貧しくも静かな日々を送っていた。そんな彼のもとに1つの知らせが入ってくる。ドールズの大ファンであるモリッシーが、彼の主催するフェスティバルのためにドールズに再結成してほしいというのだ。こうしてケインは、自分が現代の観客に受け入れてもらうことができるのだろうかという不安を抱きながら、ベースを質屋から出し、再結成ライブを行うためロンドンへ向かうのだった…。というのが主な話の展開。

モリッシー(老けたな)の他にもミック・ジョーンズやボブ・ゲルドフといったドールズのファンによるコメントに加え、ドールズがまるで金を稼げなかった一方で、彼らを真似したバンドがヒットしていったことに対する鬱憤や、ドールズの元メンバー(特にデビッド・シルビアン)との間にあった確執などについてケインの口から語られていく。ただしケインが非常にいい人であることと、再結成ライブが大成功に終わったことなどから、この手のドキュメンタリーにしては珍しくとても微笑ましい雰囲気が全編にわたって漂っている。

このライブの1ヶ月半ほどあとにケインは白血病で急死するという衝撃の結末を迎えるわけだが、ある意味いちばんいいタイミングで他界したんじゃないですか。グラムやパンクの人たちって変に年取ってもあまり良いことがないような気がする。10年くらい前にイギリスのテレビでスウィート(70年代のグラム・バンド)のドキュメンタリーを観たことがあるけど、解散後にボーカルとギタリストがスウィートの名を取り合って別々に「再結成バンド」を組んだうえ、ボーカルのほうは若い頃の酒とドラッグがたたって手をプルプル震わせ、ろくに声も出せないまま場末の遊園地でライブを行っている姿がひどく衝撃的だった(そして番組放映のすぐ後に死去した)。皆がボウイみたいにうまく年を取れるわけではないのですよ。

ちなみに日本版のDVDの特典としてロビン・ヒッチコックのインタビューが収録されてるけど、あれなに?ドールズとろくに面識のない彼が、ドキュメンタリーのあらすじを語るだけの映像なんか入れるなよ!日本側の製作者の趣味としか思えん。ヒッチコックは嫌いじゃないけどさ。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now