スティーブン・ソダーバーグ監督によるHBOのミニシリーズ。脚本はエド・ソロモン。以降はいちおうネタバレ注意。

ユタ州の冬のリゾート地を舞台に、殺害された児童書の作家の事件の真相について、現在と4年前の状況を描いていくクライム・ミステリーということだが、「ツイン・ピークス」みたいな超常的なサスペンスではなく、内容はストレートな犯罪もの。しかし後述する理由によってあまり明快なナラティブは存在せず、登場人物の動機と行動が映し出されるシーンが断片的につながったようなスタイルをとっている。主な登場人物をざっと挙げると:

・オリビア・レイク:著名な絵本作家。やけにアメコミにも詳しい。山奥の一等地に住み、60手前でありながらも色気がある。のちに死体となって発見される。
・ジョエル:若きアーティスト志望の男性。メビウスのコミックについて熱く語れる。オリビアに気に入られ、彼女の屋敷に移り住む。
・エリック:オリビアの持つ土地を狙う隣人たちによって雇われた詐欺師。巧みにオリビアに接近する。
・ペトラ:エリックの妹。エリックにかけられたオリビア殺しの疑惑を晴らそうとする。

などなど。こうした登場人物の物語が語られ、それぞれに独自の目的や生き方があることが説明される一方で、肝心の殺人事件の真相にはあまり深く入り込まないみたい。それで何でこの作品がそういうスタイルをとっているかというと、これはモバイルアプリおよびウェブサイトで先行公開されたものだったため。そこで観客は登場人物の映像を好きな順番で個別に視聴でき、それぞれの登場人物の観点からストーリーを楽しむことができるのだそうな。

アプリやサイトは例によってアメリカ国外からのアクセスが制限されていてきちんと鑑賞できないのだが、HBOでの放送はあくまでもストーリーを編集してリニアに並べたものであって、アプリで鑑賞するほうが映像の総尺も長く、より事件の真相に迫った内容になっているのだとか?アプリやウェブサイトと連動するドラマってこれが始めてではないだろうけど、ソダーバーグみたいな大物が関わったものは珍しいだろう。

出演はオリビア役にシャロン・ストーン。放漫なタイプの彼女をうまく演じてます。あとはギャレット・ヘドランドにフレッド・ウェラー…って誰だっけ。知った顔ではオリビアの友人役をポール・ルーベンスが演じていた。あとから保安官役でボー・ブリッジスなんかも出てくるみたい。

アプリでいろんな映像をじっくり観て、観客が能動的に話の真相に迫っていくという趣旨のせいか、逆に第1話だけ観た限りでは話があまりにも散漫としていて、何とも判断がつけにくいところ。オリビアが実際に事件に巻き込まれるのは第2話の最後だそうだし、なんか話が進まんなあ、という印象であった。しかし全話を視聴したアメリカの批評家たちには絶賛されていて、ロバート・アルトマンの群像劇ものと比較する声もあるみたい。というわけで、面白いのでしょう。

日本で放送されるときは、アプリやウェブサイトもきちんと翻訳されたりするのだろうか?

Trackback

no comment untill now

Add your comment now