というわけでついに登場しましたよ、13代目にして初の女性ドクター。いろいろ論議を呼んだキャスティングだけど、正直なところ今までのドクターに比べてそんなに違和感がなかった。そもそもドクターって性的なものに興味がないというか、アセクシュアルなキャラクターであるわけで、男が女になったからといって性格がそんなに変わるわけでもなし。劇中でも女性になったことは簡単に触れられる程度で、あとはおなじみの冒険が始まっていく。

今回のドクターを演じるジョディ・ウィテカーって素はヨークシャー訛りが結構キツいので、セリフが何言ってるか分からないんじゃないかと心配してたが、劇中ではそんなに訛ってなかったような。団地の中というか室内に入ると、以前の出演作「アタック・ザ・ブロック」の人、のように見えてしまうのはご愛嬌。第1話は例によって前のドクターであるピーター・カパルディの衣装で大半を過ごすのだが、若くて活発的なこともあり、むしろ11代目のマット・スミスを彷彿とさせるかな?肉体が再生したばかりでも味覚は11代目にくらべて普通なようで、エッグサンドウィッチを欲しがったりします。全話で最後に発した「Aw, Brilliant!」が新キャッチフレーズになるかと思ったけどそうでもないみたい。

主役交代に加えて番組のショウランナーも、長年勤めたスティーブン・モファットから「ブロードチャーチ」のクリス・チブナル交代。「ドクター・フー」の初心者でも楽しめるような内容にされているとうことで、あまり過去の歴史などへの言及はなし。日本でも「ドクター・フー」入門編としていいんじゃないですか(日本でいつ放送するかは知りませんが)。第1話は意外にも最後までターディスが登場しなくて、前話の終わりで行方不明となったターディスを探すのが今シーズンのテーマになってくるのかな?ターディスがないため、ドクターは身近にある素材を用いて新しいソニック・スクリュードライバーを自作したりしてます:

話は冒頭からグングン進んでいって、なんとオープニング・クレジットもなし。シェフィールドに謎の物体が落ちてきて、それに関わった男女数人が謎の機械生物に遭遇。そこにドクターが登場し、さらに別のエイリアンが現れて…といった展開。製作予算が増えたのか、特殊効果もかなり迫力のあるものになってるぞ。今回のコンパニオンは、運動障害があって自転車に乗れない少年ライアン、その義理の祖父のグレアム、ライアンの元同級生で警官のヤスミンになるみたい。従来のドクターに比べてコンパニオン(BBCのサイトによると「フレンズ」が新しい呼び名になるのかな?)の数が多いあたり、ウィテカーだけでは番組を支えられないと製作陣が考えたのかと勘ぐってしまうが、真相はわかりません。

シーズンの予告編では、アラン・カミングやクリス・ノスといった今後登場する役者が紹介されるだけで、ダーレクをはじめとするおなじみの敵役などが登場するのかは一切不明。新規ファンが楽しめるようにした一方で、オールドファンには少し物足りない気もするが(オープニング・クレジットはつけて欲しかった!)、新しいドクターは十分魅力的だし、これからどんな冒険が待ち受けているのかに期待しましょう。

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.