先月と同じ航空会社を使ったせいか、あまり作品の入れ替わりがなかったような?おかげで映画を観ないでゴルフや麻雀のゲームをやってることも最近は多くなりました。ANAのゴルフゲーム、グリーンオンしてからのボールの転がり方が極端じゃないか?まったくピンの近くにボールが止まらないぞ。まあいいや:

・「オーシャンズ8」:なんか普通のケイパーものといった感じ。犯罪が計画されて、その実行がダラダラと描かれていくような。ソダーバーグの11〜13もすべてが傑作ではなかったものの、もうちょっとスタイリッシュに撮れてて話にメリハリがあっただろ。せめて音楽だけでもデヴィッド・ホルムズに任せるべきであった。

・「モンスター・ホテル クルーズ船の恋は危険がいっぱい?!」:ゲンディ・タルタコフスキーのアニメは2Dのほうが好きだけれども(「Sym-Bionic Titan」もな!)、CGになっても彼なりの動きというかスタイルは顕著なので、そんなに悪くはなかったっす。でも話のネタが枯渇している感じはヒシヒシとするのよな。かつて「シュレック」が通った道というか。これ興行的にはかなり成功してしまったのだが、もう4作目はいいよね…?

・「アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング」:話のつかみにトム・ハンクスの「ビッグ」が流れるせいかもしれないが、なんか全体的に80年代的なノリがあるというか、別にいま作る必要があったんか?というような内容だった。頭を打った主人公が、自分を美しいと思い込むシーンで、実際に美しくなった姿をCGなどで描写しなかったのは偉いと思うけど。あと最近は真面目な役が多いミシェル・ウィリアムズが、頭の弱そうな会社社長役を演じてたのが面白かったかな、その一方でエイミー・シューマーのここ一連の出演作ってどれも評価が低いわけで、真面目な役を演じて高い評価を得ているメリッサ・マッカーシーのように、そろそろ毛色の違った役を演じるべきじゃないのか。

・「TAG」:いい年になっても鬼ごっこに興じる男性たちを主人公にした、実話を基にした物語。まあ設定は悪くないし、ジョン・ハムとかエド・ヘルムズ、ジェレミー・レナーなどいい役者は揃ってるものの、なぜ彼らが鬼ごっこを続けるのかということをきちんと掘り下げていないのでは。登場人物がAAに通っている理由もきちんと説明されないし、そうしたサブプロットをちゃんと汲み取っていれば、もっとよくできたバディ映画になっていたはずなのに残念。

しかし最近は飛行機に乗るたびに離陸が遅れるようになっていて、なんか疲れるなあ。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now