この日を忘れないために。

時代遅れとか現実無視とか言われようとも、俺はアナルコ・パンクが大好きだ。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now