平成生まれのお嬢ちゃんたちは知らないだろうが、80年代後半から90年代前半にかけてブロスというイギリスのボーイズバンドがいてね、当時はアメリカのニューキッズ・オン・ザ・ブロックと人気を二分して、日本でも「ミュージック・ライフ」とかでアイドル扱いされていたな。(ちなみにニューキッズはこないだタイムズスクエアで新年コンサートをやったらしく、まだまだ人気があるのだ)

ボーカルのマット・ゴスとドラムのルーク・ゴスという双子の兄弟(だから「ブロス」)にベースのクレイグ・ローガンという3人組で人気を博したが、ファーストアルバムのあとにローガンが脱退。その後は兄弟ふたりで活動してたが、いかんせん顔のバリエーションが無いのが災いしてか人気は急に衰え、アルバム3枚でグループは解散。マットはソロシンガーとしてラスベガスを拠点に活動し、ルークは役者となって意外にもギレルモ・デルトロの作品によく出ていたりする。

そしてふたりの母親の死をきっかけに彼らは28年ぶりに再結成することになり、2017年夏におけるイギリスでの公演までの1ヶ月のリハーサル風景を追ったのがこのドキュメンタリー。個人的にはブロスって最盛期のときから全く興味なくて、ろくに聴いたこともなかったのですが、ネット上で「これはリアルな『スパイナル・タップ』だ!」というような評判を見かけたので観てみた次第。

ハゲてしまったルークのほうが苦労人っぽくて、どちらかといえば地に足のついたコメントをしているのに対し、マットはもっとアーティスト気取りでヘンテコな振る舞いをしていて、自宅の奇抜なコレクションを自慢するあたりはまさしく「スパイナル・タップ」でした:

イギリスでは「THE OFFICEのデビッド・ブレントのようだ!」と評判になったらしいが、さもありなん。マットはルークのドラミングにも変な口出しをしてくるし、何度か派手な口喧嘩をしているのも映像に撮られている。

ふたりとも若くしてセレブになったせいか、なんかズレた発言が多くて「ローマは一日にして成らず、と云われるけど、俺たちにはローマほどの時間もないんだ」とか「俺は長方形で、ルークも長方形。ふたりが合わさって強固な正方形になるんだ」とかいった珍発言を真顔で連発してくるのですよ。「俺たちには価値があるのかな、という気にもなったりする。マット、俺の言うことが分かるか?」「いや」というやりとりが個人的には爆笑ものでした。

なお第3のメンバーであるクレイグ・ローガンは再結成に呼ばれておらず、ドキュメンタリーでも一切言及されていない。以前から彼がいちばんイケメンだとか音楽的に才能があるとか言われてたのだがなあ(実際、音楽業界の裏方として活躍しているらしい)。

またブロスのファンは「ブロセッツ」と呼ばれて全盛期は双子の実家に押しかけるほどの熱狂ぶりだったらしいが、いまでも熱心なファンは多いようで、オバさまたちが空港で出待ちをしてたりする。再結成コンサートのチケットも速攻で売り切れたらしく、最後は満員の観客の前でのコンサートで終了。人気の絶頂期をとっくに過ぎたグループが、トリにヒット曲「When Will I Be Famous」を持ってきて「僕はいつ有名になるのだろう〜?」と唄っているところに、何か残酷な皮肉を感じてしまいました。

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.