米SHOWTIMEの新作シリーズ。

1987年に起きたウォール・ストリートでの史上最大の株価暴落事件「ブラック・マンデー」の1年前を舞台に、暴落に至るまでの過程をフィクション化した内容。共同クリエイターに「HAPPY ENDINGS」のデビッド・キャスピーがいるほか、第1話の監督をセス・ローゲンとエヴァン・ゴールドバーグが行なっているので、全体的にコメディタッチのドラマになっている。

主演はドン・チードルで、ウォール・ストリートにおいて11番目に大きな証券会社に勤務し、リムジン仕様のカウンタックを派手に乗り回しながら、金融社会でのし上がっていこうとする証券マンを演じている。つうかチードルはこないだまで同じSHOWTIMEの「HOUSE OF LIES」で似たようなオフィス街のハスラーを演じていたので違和感なし。SHOWTIMEは「BILLIONS」もあるし金融ドラマに力を入れてるんだろうか?

そんなチードルに訳あって声をかけられて彼と働くことになる、コンピューターが得意の新人を演じるのがアンドリュー・ラネルズ。どこかで見た顔だと思ったら「THE NEW NORMAL」の人か。他にもポール・シアー(ヅラあり)とかケン・マリーノ(一人二役)といったコメディ畑の人が出ています。

1987年10月19日のブラックマンデーのちょうど365日前から話が始まり、だんだん当日に向かってカウントダウンしていく作りのようですが、ちゃんと最後まで番組を続けられるかな?なおブラックマンデー当日にチードルかラネルズか別の誰かが飛び降り自殺をするような展開が示唆されてますが、どうなるかは分かりません。

いかんせん30年も前の話なので、「マネー・ショート」とかに比べると現代の金融情勢に通じるような話にはなってこないと思うが、そこはうまく共通点を見つけるのかな。なお80年代といえば、やはり日本がバブルでアメリカでもイケイケだった頃なので、この作品でも登場人物が少し日本語を話していたり、ヤクザが登場したりするみたい。いかに株式市場が暴落したかと共に、日本の経済力がいかに地に落ちたかが説明されていくのだったら結構興味深い番組になるかもしれない。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now