HBOの新シリーズで、原作はアメコミの金字塔「ウォッチメン」な。原作者のうちデイブ・ギボンズはコンサルタントとしてクレジットされてるが、アラン・ムーア御大は例によって名前も載ってません。原作とは殆ど別物になってるので作品の世界設定を箇条書きにすると:

  • アメリカはドクター・マンハッタンの助けによりベトナム戦争で勝利し、ニクソン大統領は8年以上の長期政権を樹立。それを継いだロバート・レッドフォード(役者の彼な)も長期に渡って大統領を務めている。
  • よって政権は概ねリベラルで黒人への待遇も手厚いのだが、それに反発する白人至上主義者の団体「セブンス・キャバルリー」のメンバーたちはロールシャッハのマスクを被り、テロ行為を行っている。
  • 警官たちの個人攻撃が多発したことを受けて、警官たちは顔を隠すために黄色いマスクを被っている。また独自のマスクをつけたビジランテたちも警官に協力してロールシャッハたちと戦っている。
  • ドクター・マンハッタンは火星に移住した。エイドリアン・ヴェイト(オジマンディアス)は死んだと見せかけ、田舎の城に隠居している。

…といったところ。まだ第1話の段階なので多くのことが明かされないのだが、いちおうコミックの出来事のあとの話、ということになるのかな?原作のクライマックスであるイカ状エイリアンの襲撃はあったらしく、その影響か空からイカが降ってくる謎の気象現象にも世界は見舞われているみたい。

そして話の舞台になるのはオクラホマのタルサという都市で、1921年に人種暴動が起き、アメリカ政府が自国民に空爆をしたという過去を持つところ。そこに住むアンジェラはベトナム育ちの元警官だが、夜にはシスター・ナイトというイジランテになって警察署長のクロウフォードに協力してロールシャッハたちと戦っている。

タルサの暴動のシーンで幕を開け、白人至上主義者との話を中心に持ってきているあたり、最近のBlack Lives Matterのような社会運動をテーマにしているのはわかるのだが、意外にも警察は黒人にもビジランテにも協力的な存在になっていて、上司の承認がなければ銃も使用できないという立場。それに対してロールシャッハたちは人種差別を唱えるテロリスト団体なのだが、ここらへんは話が進むにつれていろいろ入り組んでくるのでしょう。

脚本およびクリエーターは「LOST」のデイモン・リンロフ。原作とはまったく別の代物になっているけど、ザック・スナイダーの劇場版が原作に変に忠実になろうとして結局ダメダメだったことを考えると、むしろ同じくムーア原作の「リーグ・オブ・レジェンド」みたいに好き勝手やったほうが面白くなるんじゃないかと。とはいえ原作コミックにインスパイアされたシーンは多数出てきて、自殺用の青酸カリとか、使用人と乾杯するエイドリアンとか、原作を知ってる人ならニヤリとする箇所はいろいろあります。

コミック同様に人が読んでる新聞の見出しなどに重要な情報が示されているし、2枚並べた皿がフクロウの顔のようになっていて、そこに落とされた卵の黄身がスマイルマークのようになる…といった演出も非常に凝っている。アクションシーンもHBOならではの予算をかけたものになっているほか、トレント・レズナーとアティカス・ロスによる音楽も雰囲気を醸し出すのに大きく貢献している。

出演はシスター・ナイト役にレジーナ・キング。結構年配だけどアクションもこなしています。エイドリアン・ヴェイトがジェレミー・アイアンズで、クロウフォード署長にドン・ジョンソン、ルッキング・グラスというビジランテ役にティム・ブレイク・ネルソン。そして謎の老人としてルイス・ゴセット・ジュニア。

本国の評価では「西部劇のようだ」というのがちらほらあって、無法者の一味と闘う保安官たち、という構成がそう見えるのかな。まあこれからドクター・マンハッタンとかオジマンディアスが徐々に関わってくるわけで、どこに話が向かっていくのかは楽しみである。

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.