BBC & HBOの新シリーズ。フィリップ・プルマン原作の「ライラの冒険」シリーズの映像化で、あれって第1作「黄金の羅針盤」がすでに映画化されて大コケしたはずなのだが、それでも再映像化されるということは原作に根強い人気があるのででしょう。なお個人的には小説も映画も読んだこと観たことありません。

舞台は架空のイギリスで、空には飛行船が飛び交い、それぞれの人間にはダイモンと呼ばれる分身が動物の姿をとってつきまとっていた。世界はマジステリアムという強力な教会組織によって支配されていたが、その支配が届かないオックスフォード大学のなかで育って少女ライラは、叔父の冒険家アスリエル卿が発見した謎の粒子「ダスト」の存在を知る。さらに彼女の近辺では子供の誘拐が相次ぎ、親友までもがさらわれたライラは、事件を解決するために冷酷な女性ミズ・コールターとともにロンドンへ向かうのだった…というあらすじ。

第1シリーズで原作の1巻目をカバーする形になるのかな?いろいろ興味深いシーンも出てくる一方で、話の設定に時間を割いていることもあり、第1話は比較的地味な感じがしました。これから武装した北極クマとかが出てきて、派手な展開になるのかな?あと劇中の「教会」の描写が反キリスト教的だとして、原作や映画は批判されたようだけど、今回のシリーズ版ではどのくらい(反)宗教色を打ち出してくるのだろう。

キャストはライラ役に「ローガン」のダフネ・キーン。「ローガン」ではあまりセリフのなかった彼女がこちらではペラペラ喋ってるのに当初は違和感を感じたが、無難に役をこなしてます。あとはアスリエル卿にジェームス・マカヴォイでミズ・コールター役がルース・ウィルソン、他にもクラーク・ピーターズやリン・マニュエル・ミランダなどかなり強力な出演者が揃ってます。ダフネ・キーンの父親やマカヴォイの元妻なども出ているあたりは、イギリスの役者は血縁関係者が多すぎるだろ、という気にもなりますが。

まあ自分は原作を知らないので、今後の展開を普通に楽しめるんじゃないかと。「ゲーム・オブ・スローンズ」並のヒットになるかは分かりませんが、キャストの豪華さだけでも観る価値はあるでしょう。

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.