AMCネットワークの新作ドラマ。

フィラデルフィアに住むピーターは毎日職場に向かい、退屈な仕事をして家に帰って寝るだけ、という生気のない生活を続けていたが、ある日道で見かけた謎めいた広告を目にして、そこに書いてあった番号に電話をしてみる。それによって彼はジェジュン研究所という組織の建物に招かれ、誰もいない部屋でテレビを見せられるものの、研究所の目的について警告するメッセージを目にしたために慌てて建物から抜け出してくる。そして今度はジェジュン研究所と対立するというエルスウェア協会のコマンダー14と名乗る人物にコンタクトされ、彼に導かれてピーターはシモーン、ジャニス、フレッドウィンという男女に出会う。彼らもまたジェジュン研究所やエルスウェア協会の目的を知らなかったが、物事の真相を追究しようとするのだった…というあらすじ。

自分でも何を書いてるのかよく分からなくなったが、とにかくよく分からんストーリーなのですよ。男女4人が何らかのゲームか陰謀に巻き込まれ、とにかく手がかりを追っていく、という話だと思ってもらえれば。

これ「THE INSTITUTE」という2013年のドキュメンタリーを基にしているそうで、そのドキュメンタリーでまさしくジェジュン研究所が出てきて、サンフランシスコで実際に1万人もの人がゲーム?陰謀?に巻き込まれた現象があったそうな。ドキュメンタリーは未見なのでどういうオチなのかさっぱり分からないが、この番組の設定やセリフはかなりこのドキュメンタリーから流用しているらしい。

シリーズの原案者・ライター・監督・主演はジェイソン・シーゲル。コメディ作品の印象が強い彼だが、シリアスな役を好演している。彼とともに謎を追うのがサリー・フィールドとアンドレ・ベンジャミンで、あとはトランスの女性の役をイブ・リンドリーという役者が演じていて、演技が絶賛されているようです。ジェジュン研究所のトップだという人物をリチャード・E・グラントが演じているのだが、彼に敵対するエルスウェア協会のコマンダー14もグラントが演じてまして…謎が謎を呼ぶばかり。

ピーターをはじめとする登場人物はみんな何かしらの悩みを抱えているように描かれていて、そんな彼らが与えられた手がかりを使って謎を明かしていくときは生活に刺激を与えられ、生き生きとしているのがポイント。視聴者もまた、結末のことは考えずに謎解きの過程を観て楽しむべき作品なのかもしれない。

「ブレイキング・バッド」や「ウォーキング・デッド」で人気の絶頂を迎えたAMCが、まわりまわって初期の「RUBICON」のような作品をまた作ったような印象をうける。こないだの「DEVS」といい、こういう知的好奇心をくすぐるような作品は好きですよ。アティカス・ロスによる音楽も効果的だし(第1話でスタインスキーの曲を使ってなかった?)。何が起きているかよく分からないものの、観ていて面白いという珍しい作品。

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.