c0069732_844998.jpg
どうもイマイチだったマーヴェル・コミックスのイベント「CIVIL WAR」のラストで政府に逮捕されたキャプテン・アメリカが、こんどの最新号で宿敵レッド・スカルの送った狙撃者に撃たれて命を落としてしまうらしい。60年以上も前から活躍している人気キャラクターが死んだということで、APのようなコミック業界外のメディアからも注目を集めているようだ。

でもさ、アメコミのキャラクターなんて死んでもすぐに復活することでよく知られているわけで、こんなの真剣に受け止めている人なんて誰もいないでしょ?ドル箱のキャラクターであるキャプテン・アメリカをマーヴェルが封印するわけないじゃん。90年代初頭にはスーパーマンをはじめ多くの人気キャラクターが話題集めのために「お亡くなり」になったけど、これもそれに似たもんだって。そもそも現在「キャプテン・アメリカ」のストーリーを担当しているエド・ブルベイカーって、前にはレッド・スカルが死ぬ話を書いて話題になったけど、いつの間にか復活させていたし、アメコミ界では数少ない「ちゃんと死んでいる」キャラクターだったバッキー(キャプテン・アメリカの元相棒)だって復活させているわけだからね。でもブルベイカーの書く話は結構好きなので、今後の展開に期待したいところです。

ちなみに今回のニュースで一番驚いたのは、ジャック・カービーとともにキャプテン・アメリカを創作したジョー・サイモンがまだ健在だということ。94歳になる彼は今回の件について「世の中はキャプテン・アメリカを必要としているのに」と嘆いているらしいぞ。大丈夫だよジョー。もう半年くらいでキャップは元気な姿を僕らの前に見せてくれるさ。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now