まだ観てなかったジョン・ウォーターズの(現時点での)最新作。ウォーターズ作品にもCGの動物が登場する時代になったのか。

まず最初に言っとくと、俺はやはりセルマ・ブレアが好きだ。あのヤク中と性悪女と毒蛾を足したようなヤバい目つきは素晴らしいなあ。この映画でも改心してストリッパーから「普通の女の子」になる場面があるんだが、目つきが変わらないので全然普通に見えないでやんの。たぶん実生活でも性格悪いんだろう(と勝手に想像)。今さらになって「私は普通でキュートな女の子の役をやりたいの!」みたいなことを言ってるらしいけど、あんたジョン・ウォーターズやトッド・ソロンズの映画に出といてそれはないでしょ。とりあえず今秋から出演するらしいオーストラリア製シットコムが失敗して、またキワモノ映画に戻ってくることを願うばかりです。

んでこの映画。ボルチモア(where else?)に住む健全な主婦が、頭をしたたかぶつける事故にあったことで性格が一変して色情狂のオバハンになり、同様の経験をもった人々によるセックス教団に加わって町中を混乱させるといった内容のもの。オバハンが主人公だということと、カルト集団がでてくることから「シリアル・ママ」と「セシル・B・ディメンテッド」を足して2で割ったような感じかな。ただプロットが貧弱で、ドタバタの描写が薄く引き延ばされて延々と続いているような感じ。最後の「誰もやったことのない性行為」というネタも弱いし。やたら素晴らしかった前作「ディメンテッド」に比べるとトーンダウンしている感は否めない。

プロットに加えてキャスティングにも難があって、セックス教団のリーダーをジョニー・ノックスヴィルが演じてるんだけど、ノックスヴィルがこういう役をやってもハマり役すぎて逆に意外性がないのよ。主人公の穏健な夫を演じてるクリス・アイザックと役を交換してたらもっと面白くなったような気がするんだが。しかしアイザックって90年代はクールの権化だったような人なのに、なんでウォーターズ作品に出るようになったんだろう。主人公である主婦を演じるトレイシー・ウルマンはもともと幅広い演技で知られてる人なので、ころころ性格の変わる主婦をきちんと演じていて大変よろしい。今回のめっけもんは主人公の母親役のスザンヌ・シェパードという女優さん。女装したクリストファー・ウォーケンみたいな顔がいいなあ。ま一番いい役をとってるのはやはりラストのデビッド・ハッセルホフですが。

ちなみに「時代の変態性がウォーターズ作品に追いついてしまった」みたいなことは10年くらい前からよく言われるようになりましたが、確かに日本でフィギュアに萌えてる人たちに比べると、この映画に出てくる赤ちゃんプレイフェチや泥フェチ、デブ専などの人々がとても普通に見えてしまうのです。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now