冒頭からサバスの「あの曲」がかかったらどうしようかと身構えて(?)いたら、流れてきたのは「バック・イン・ブラック」でありました。

「ダークナイト」に比べれば劣るものの、キャラクターのツボをきちんとおさえていて非常に良い出来の作品。正義のヒーローが死の商人であるという設定も、予想以上にうまく描かれていた。アン・リーの「ハルク」に欠けてたのはこれなんだよな。ひ弱なブルース・バナーが新型爆弾の開発者であり、人類にとって脅威なのは実はハルクではなくバナーであるという設定が無かったんだよな。

CGやアクションも一流。メカフェチでない俺でもカッコいいと思うくらいのメカスーツの出来。「スパイダーマン」同様にクライマックスになると主人公がマスクを外すのはご愛嬌ですが。個人的に好きなウォーマシンが登場しないのが残念ですが、「次の機会にな」とジム・ローズが言ってるので続編には登場するのかな。配役もいい。ダウニーJr.の演技の巧さは相変わらず。ジェフ・ブリッジスの悪役ぶりもいい。彼については「トロン2」にも期待してるのです。グウィネス・パルトロウだけが浮いているような気がするけど、まあ女性キャラを入れたかったんでしょう。

日本の観客には馴染みの薄いキャラかもしれないが、映画がまるまるオリジン・ストーリーになっていることもあり、予備知識がなくても十分楽しめる作品と思うんだがどうだろう。まあでもSHIELDとか知ってるとさらに楽しめるんですがね。

この映画で大ヒットを記録したマーヴェルだけど、はたしてこのままヒットを連発して、無事アヴェンジャーズ結成までもっていくことが出来るんだろうか。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now