こないだ見た夢

一昨日の夜に典型的なティーンのスラッシャー映画を観てる夢を見たので、覚えてる限りの詳細を以下に記す:

– – – – – – – – – – –

舞台:長野県の田舎の湖畔

登場人物:
主人公:金髪の頭の軽そうなティーンエイジャー
主人公の友人:プロポーション抜群のブルネット
主人公の彼氏:頭の軽そうな赤毛(「ハッピー・デイズ」のドン・モストみたいな感じ)
彼氏のキザな友人:ジャレッド・レト
ペンションのオーナー:たぶんジェームス・ウッズ
ペンションのメイド:ヒスパニック系
警官:デビッド・ハッセルホフ
メンタル男:village idiot的な、電波の入ったお方。

場面1
主人公たちは日本の田舎へサマーキャンプにやってきたアメリカンたちという設定。
(でも地元の日本人たちとの交流の場面は描かれてない。たぶん何もなかったんだろう。)
帰国を間近に控えて、思い出話に花を咲かせる主人公たち。
彼氏とアホそうな話をする主人公。
泊まっていたペンションも殆ど片付いている。

そんなときペンションの近くで死体が発見される。不気味がる主人公たち。
デビッド・ハッセルホフ演じる警官が登場。
殺人の場面を記録したビデオテープが発見される。

事件のため帰国が延期になり、ペンションに延泊しようとする主人公たち。
しかしペンションは店じまいするという。怪しげなオーナーの態度。
主人公とオーナーの問答を陰から見つめるメイド。

場面2
ここから話は急に進展して終盤へ。
(スラッシャー映画なんて最初と最後を見れば十分ということか)

ナイフを持った黒づくめの男に追いかけられる主人公たち。
湖畔にある空き家(長野に実在する)に逃げ込む。
ほっと一息つくものの、薄い壁を通して刺されたナイフにより、主人公の彼氏が殺される。

そこに警官が救援に登場。
黒づくめの男の正体はメンヘル男だった。
彼をなだめすかせようとする警官。しかし結局彼を射殺してしまう。
(ここらへんの展開は空き家の中にいる主人公たちには見えない)

事件解決かと思いきや、そこに脇腹を刺されたジャレッド・レトが登場。
(たぶん偽証のため自分で刺したんだろう)
警官を安心させて近づき、彼を突然刺す。レトが事件の黒幕か?
そこにペンションのメイドが登場。レトの恋人だったのか?
その彼女がレトを突然刺し殺す。実は彼女が真犯人だったのだ!
殺人の一部始終をビデオに録画し、犯行の記録メッセージを吹き込むメイド。

場面3
エンディング。湖畔で彼氏たちの墓参りをする主人公たち。
メイドもレトの墓参りをしている。
そこにバスでメイドの親族たちがやってきて、墓参り用の菓子を渡す。
親族たちとの再会を喜ぶメイド。
彼女の思わせぶりな、無邪気さと邪悪さを秘めた表情のアップ。

ザ・エンド。

最後のオチ:このブログに「あの映画の舞台は、俺の母親の田舎なんだぜ」と自慢げに書き込む俺の姿。

– – – – – – – – – – –

自分が勝手に見た夢でなんですが、これって無茶苦茶ツマらない映画のような。主人公たちが何もしてないし、結局のところ殺人事件は解決されてないじゃん!メンヘル男が警官と相打ちになったということで片付けられたのかな。

精神的に問題を抱えてる人やヒスパニックの方々に差別的な内容になっているのも気になる。何でこんな夢を見たんだろう???夢解析ができる人、だれか説明をお願いします。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now