「THE WAY BACK」鑑賞

「ミラクル」や大傑作「ウォーリアー」など、スポーツ感動もので定評のあるギャヴィン・オコナーの新たなスポーツもの。主演のベン・アフレックとは「ザ・アカウンタント コンサルタント」に続くタッグですな。

主人公のジャックは1年前に妻と別れて建築現場で働くアル中で、朝から晩までビールをグビグビ飲んで、運転中でも飲んでるような奴。しかし彼は高校時代は花形のバスケ選手であり、彼の恩師から母校のチームの監督になることを依頼される。当初は断るつもりだったジャックは酒を飲んで寝てしまったため断りの電話を入れることも出来ず、そのまま監督に就任する。彼の現役時代はプレーオフに進出していたようなチームも今は弱小集団と化し、最低限の数の選手たちが他校との試合に負け続けている次第だった。そんな彼らをジャックは熱意をもって叱咤し、試合に勝たせようとするのだが…というあらすじ。

まあスポーツものにおけるクリーシェは大体含まれていて、荒くれた指導方法とか、選手たちに熱意を持たせるところとか、最初コテンパンにされたライバル高へのリベンジとか、貧困家庭出身の生徒とか、主人公の暗い過去とか、その他もろもろ。でも流石に演出がこなれていて、決してクサい展開にはなったりせず、抑えた感じながら徐々に選手たちが自信をつけていって勝つようになっていく流れが見ていて心地よかったな。ライバル校との再戦とかね、結果は大体わかるもののやはり盛り上がる内容になってたりしますもの。

これはネタバレになるが、クライマックス的な勝利のあとに主人公の挫折が来るという珍しい展開になっている。まあアル中の映画の常として主人公が再び酒に溺れるわけですが、ジャックにもそれなりの理由があることが語られていき、ここもまたクサい展開にはなっていなかった。バーでしこたま飲んで運転するのはどうかと思うけどね。

出演はベン・アフレックのほかに元「デイリーショー」のアル・マドリガル、元「SNL」のミカエラ・ワトキンスといったコメディアンが真面目な役を演じてます。アフレックはご存知のように「アルゴ」でアカデミー賞を獲ったあとにアルコールやギャンブル中毒になって離婚し、最近はリハビリを受けたりしてたわけだが(しかし女性にはモテてアナ・デ・アルマスと付き合っている。許せねええ)、そのアルコールとの確執がこの作品の主人公の演技にメタな効果を与えていることは否めないだろう。でもそれもあってか今回の演技は批評家に絶賛されてるわけで、バットマンとか演じてるよりもこういう地に足のついた役のほうがこれからの彼には向いているんじゃないの。

「ウォーリアー」ほどのカタルシスを与えてくれるものではないが、手堅く作られた良作。

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.