ジャド・アパトウの最新作。「コメディというよりもドラマ」「ブレイク直後のコメディアンが主演(今回は「SNL」若手キャストのピート・デヴィッドソン)」、そして「尺が微妙に長い(137分)」というあたりが典型的なアパトウ作品といったところでしょうか。

デヴィッドソンの半自伝的な作品になっていて、脚本も本人が参加している。舞台は題名のとおりNY州のスタテン・アイランド。スコットは7歳のときに消防士の父親が火災現場で殉職して以来、母親と妹と暮らしている24歳の青年。本人はADD(注意欠陥障害)であるほかにクローン病を患っており、それを緩和するためにマリファナばかり吸ってハイになってるボンクラで、働いて自立する気などは毛頭なし。タトゥー・アーティストになるのが夢で友人の体とかに彫りまくってるものの、腕はイマイチだった。しかし妹が大学進学のために家を出て、母親が別の消防士と付き合い始めたことから、ついに自分も家を出ることになるのだが…というあらすじ。

ピート・デヴィッドソンの父親も911テロで殉死した消防隊員で、クローン病を患っているというのも本人と同じ。ただ本人と違ってスコットはコメディアンを志望したりせず、ただ毎日をダラダラ過ごして周囲を呆れさせているばかり。母親に家を追い出されそうになると本気で怒るようなクズなのだが、デヴィッドソンのマンガのキャラみたいな外見もあってあまり不快には感じない。あとで消防士たちの活躍を目にしてちょっと真面目になるあたりはベタな展開だな、と思うものの本人の経歴のことを考えるとケチはつけられないな。

スコットの母親役がマリサ・トメイで、「スパイダーマン」のメイおばさん以上に子育てに苦心している女性を熱演しています。彼女の恋人役がコメディアンのビル・バー。おれ名前くらいしか知らなかった人だが、スコットにいろいろ気を遣ったりする立場の演技がすごく良かった。あとは本当に元消防隊員であるスティーブ・ブシェミが消防署長役で渋みのある演技を見せてくれるほか、パメラ・アドロンやドメニク・ランバルドッツィといった俺好みの役者が共演しています。

観たあとに何かが残るかというとそういうものでもないし、尺の長さもあってダラダラしている感はあるものの、ボンクラな主人公なりの青春映画としては意外と楽しめる作品だった。やはり俺は主人公がダメ男だとね、感情移入せずにはいられないのですよ。

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.