「NIMIC」鑑賞

先日「FAMILY ROMANCE, LLC」を無料公開していた、アートハウス映画を扱う配信サービスMUBIが3ヶ月間で100円(ドルでなくて円で請求)という大ディスカウントをやっていたので早速加入。海外の配信サービスにありがちなジオブロッキングもなく、日本からサクサク観れて意外と快適。カタログ方式というよりもキュレーション型なので、観たいものを検索するというよりもオススメされたものを観るような感じだが、世界各国の聞いたこともないような映画がいろいろ観られるようなので結構面白いかもしれない。

それでまず観たのがヨルゴス・ランティモスの新作短編「NIMIC」。10分ほどの作品で、マット・ディロンが演じる主人公はニューヨーク?に住む一家の父親で、オーケストラでチェロを弾いている。ある日彼が地下鉄でとある女性に声をかけたところ、彼女はそのまま彼の家にまでついてきて、さらには一家の父親であると主張する。主人公の妻子も誰が父親であるか判断できず、ついに主人公は家を追い出されてしまう…という内容。

アイデンティティの喪失とか実存的なホラーといった難しい説明もできるのでしょうが、単純に不条理な作品として興味深いものであったよ。魚眼レンズで撮ったような映像もいい雰囲気を醸し出している。おれ最近のランティモスの作品ふたつは初期の作品に比べてあまり好きではないのだけど、この作品は家庭の雰囲気が「DOGTOOTH」っぽいところがありました。

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.