「THE CLIMB」鑑賞

昨年高い評価を受けたインディペンデント系のコメディ映画。マイクとカイルという男性ふたりの、題名通り山あり谷ありの友情をテーマにしたもので、彼らの人生の出来事が8つの章に別れて描かれていく。

まずはフランスに旅行に出かけ、自転車でツーリングを楽しんでいたふたりだが、マイクは自分がカイルの婚約者と寝ていることを打ち明ける。それを聞いて当然逆上するカイル。しかし婚約者は結局のところマイクと結婚してしまう。だが彼女はすぐに亡くなってしまい、葬式にやってきたカイルはマイクと喧嘩することに。とはいえ二人はまたよりを戻し、カイルは別の女性と結婚することにするが、マイクがまた彼女と寝てしまい…というあらすじ。

これだけだとマイクが人間のクズのように思えるかもしれないが、悪賢いというよりも単純にダメなやつで、決して憎めない奴なんですよ。一方のマイクも素朴な気のいいやつで、妻がカイルのことをなじっても彼のことを見捨てることができず、結局は彼との友情を選ぶという素晴らしきブロマンス作品。

明確なコメディになっておらず、時には人生における暗い展開もあったりするものの、主人公ふたりの掛け合いやドタバタが絶妙な雰囲気を作っていて、巧みな編集や自由に動くカメラワークにも助けられて個所によってはゲラゲラ笑える内容になっていた。劇中でフランス語の歌が出てくるせいかもしれないが、ヨーロッパの作品っぽい作りになっているかな?カンタン・デピューのシュールさに近いものを感じました。あるいはノア・ホーリーの「ファーゴ」とか。

もともとは8分ほどの短編として作られたもので、これはそのまま第1章として劇中でリメークされている。インディペンデント作品とはいえフランスでロケされたり、水中撮影もあったのでちょっとは製作費高いのかな?

マイクもカイルもヒゲ面の小汚い中年ということで最初は見分けがつきにくいのが難点だが、ケイシー・アフレックっぽいのがマイクで、そうでないのがカイル。役者の名前もそのままマイケル・アンジェロ・コヴィーノとカイル・マーヴィンで、ふたりが脚本を執筆してコヴィーノが監督したという舞台裏までブロマンスが続く内容になっていた。あとは知られた役者だと「チアーズ」のジョージ・ウェントとか「MAD MEN」のタリア・バルサムが出演してます。

個人的にはダメ人間が主人公の映画は嫌いになれないのですが、今回はダメ人間がふたりもいるということで、いろいろ面白く観させてもらった作品でした。こういう設定のブロマンスものはもう繰り返し作れないかもしれないが、映画作りのセンスが抜群にあることは証明されたので、このマイク&カイルによる作品をまたいつか観てみたいものです。

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.