SYFYチャンネルの新シリーズで、ピーター・ホーガン&スティーブ・パークハウスによるダークホース・コミックスの同名コミックを原作にしたもの。スティーブ・パークハウスってアラン・ムーアの「The Bojeffries Saga」のアーティストだった人か。原作読んだことないので(というか知らなかった)のでコミックにどのくらい忠実なのかはわかりません。

舞台はコロラドの山奥にある小さな町。湖畔の家に隠居している元医師のハリー・ヴァンダースピーゲルはごく普通の男性のように見えるが、実は彼の正体は宇宙人で、乗っていた宇宙船が落雷で地球に不時着したことからハリーの姿に偽装して宇宙船の積荷を探していたのだった。その一方では町の医者が不審死を遂げてしまい、ほかに医者がいないということで市長に無理やり頼まれてハリーは町の新しい医者を勤めることになり、さらに前任者の謎の死の調査を依頼される。こうして地球の文化を十分に理解しないまま町の住人と交流する羽目になったハリーだが、彼の偽装を見抜ける能力を持った少年が町にいて…というあらすじ。

題名の「RESIDENT ALIEN」とは米国法における外国人の「米国居住者」を指すもので、これに「宇宙人(エイリアン)」を引っ掛けてるのですが、こんどのバイデン政権は外国人の呼称に「ALIEN」を使うのを控えるようで…というのはどうでもいい話ですね。

主人公のハリーは決して友好的な宇宙人ではなくて、地球人の知性なんてトカゲ以下だと馬鹿にしているし、そもそもヴァンダースピーゲル医師を殺害して彼の姿を乗っ取ったような奴。それでも地球人に紛れ込むためにテレビ(当然SYFYのグループ会社のNBCだ)を観て言語を勉強したり、ヴァンダースピーゲルの助手だったアスタという女性を助けたりと、ちょっとは地球人に優しくなっていくさまが描かれている。

主役のハリーを演じるのが、最近はディズニー映画の声優という印象が強いアラン・テュディック。地球の言語や文化に不慣れな役ということで演技に制限がかけられてる気がするけど、個人的に彼の役で好きなのは「42」のレイシスト監督だったりするので、彼の仏頂面の演技も悪くはないですよ。あと今後はリンダ・ハミルトンが登場するみたい。

クリエイターがシットコム畑のクリス・シェリダンであるせいか、1時間番組にしてはコメディ色が強いかな。町の医師の不審死の謎とかハリーの宇宙船の積荷といったプロットがこれからどう展開されるのか、もうちょっと明らかにされても良かったと思うけど。小さな町のSFコメディということで「ユーリカ 地図にない街」に雰囲気が似ているかな。ああいう往年のSYFYチャンネルのドラマが好きな人は楽しめるかもしれない。

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.