「BOSS LEVEL」鑑賞

米HULUのオリジナルムービー。主人公が同じ日を何度も繰り返すという「恋はデジャ・ブ」もので、HULUは昨年も同じ設定の「パーム・スプリングス」を出していたので、我々は1日ループものが毎年発表される壮大なループに陥ってるのかもしれない。以下はネタバレ注意。

話の主人公は元特殊部隊員のロイ。彼は別れた妻に会いにいった次の日から、自分が同じ1日を何度も繰り返していることに気づく。さらに何故か彼のもとには殺し屋が何人も送り込まれており、朝から次々と刺客に狙われてしまう。殺されても生き返って同じ日を迎えるので、徐々に刺客たちのパターンを読み切って少しずつ生きれる時間を伸ばしていくものの、常にどこかで殺されてしまうために自暴自棄になっていた。しかし彼の境遇の原因が、科学者である妻にあると気づいた彼は、なんとしてでも刺客たちを倒して妻と息子に会おうとするのだった…というあらすじ。

自分が何度も殺される、という点では「パーム・スプリングス」よりも「ハッピー・デス・デイ」に似ているかな。いちばん近いのは「グランド・セフト・オート」みたいなゲームの「成功するまでミッションを何度も繰り返す」という感覚で、これは製作側も意識しているようで劇中に出てくるテロップとかがゲームっぽいし、そもそもの題名が「ボスステージ」という意味で、主人公がトライアル&エラーでボス戦にまで辿り着くのがテーマになっている。

ただそれってゲームでは良くても映画で機能するかというのは別問題で、同じアクションシーンが何度も繰り返されるし、主人公はチートな能力を持っているので無敵でないにしろ強すぎるために、主人公がピンチに陥るというスリルが抜けた内容になっている。「ジュマンジ」だってゲームで死ねるのは3回までよ、という制限を設けていたじゃん。あとループの説明をするためにSF的要素も詰め込んだことでアクション映画として中途半端なものになっていたかな。

出演者は豪華でロイ役にフランク・グリロ。50代半ばでも筋肉ムキムキしてます。その妻役がナオミ・ワッツで、最近はB級アクション映画でウザいオヤジを演じることが増えたメル・ギブソンがここでもウザいオヤジを演じてます。さらにはケン・チョンとかミシェル・ヨーなんかも出ているぞ。監督は「特攻野郎Aチーム」のジョー・カーナハン。「リーアム・ニーソンなんて偽のアクションスターだぜ!」なんて内輪ネタのセリフも出てきます。

まあ深いことを考えずに観るぶんには十分楽しめるアクション映画かと。「パーム・スプリングス」もそうだったけど、主人公が行き詰まったときに有り余ってる時間を使って勉強/訓練するシーンは面白かった。勉強って大事。

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.