帰国

本日の早朝に帰国。あー疲れた。やはり非英語圏は店の看板とか見ても書いてあることが分からんし、何か損しているようでイヤだな。ホテルのフロントともろくに話が通じないし。フランスの自国語を大切にする方針は非常に結構なのですが、観光地くらいもっと英語の標識とかを増やさないと外貨獲得につながらないんでしょうか。そういえばモントリオールも似たようなもんだったかな。トロントだと食べ物の包装とかには英語と仏語の説明が両方されているのに、ケベックは仏語だけになるんだよね。

帰りのフライトは酒飲んで寝てたので、見た映画は2つだけ:

「In Bruges」
ブリュージュに謹慎状態になった殺し屋2人(ブレンダン・グリーソンとコリン・ファレル)が主人公のブラック・コメディ。ブラックさの度合いが強すぎるのが気になるけど、そこかしこに爆笑できるセリフがありそこそこ楽しめる。劇作家が脚本・監督した作品だけあって小ぢんまりした逸品という感じ。ウィキペディアによると「赤い影」へのオマージュが多分に含まれてるそうですが、まるで気づきませんでした…。

「カンフー・パンダ」
最初の15分くらいでその後の話の展開がすべて分かってしまうのが痛いが、まあ予定調和という見方をすればよく出来た作品かと。でもこの無難な脚本とセレブな声優陣という路線をとる限り、ドリームワークスのアニメはピクサー作品を超えることは永遠にできないだろうな。

あと「インディ・ジョーンズ」の最新作も観たけど、老体に文字通りムチ打ったハリソン御大があたふたするだけの展開に飽きて途中で放棄。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now