HBO (MAX) の新作シリーズ。クリエイターがジョス・ウィードンで第1話の監督も彼なのだが、まあご存知の通りここ最近はハラスメント疑惑でウィードンはいろいろ叩かれてまして、ショウランナーとしては降板することになったそうな。宣伝でもメイキング映像でもウィードンへの言及は無くなってるみたい。起訴されてるわけでもないのに、最近のウィードン叩きはちょっと行きすぎてる気がするのだが、どうなんでしょうね。

舞台は19世紀末、ヴィクトリア朝のロンドン。数年前から特殊な能力を身につけた人々が出現するようになり、彼らは「Touched(触れられた)」人々として大衆の不安の対象となっていた。資産家のビドロウ女史は彼らを保護するための孤児院を作り、彼女のもとでアマリア・トゥルーやペナンス・アデアーといった女性たちが新たなTouched探しを行なっていた。その一方では狂信的なTouchedであるマラディーが連続殺人を繰り広げており、さらにはTouchedを誘拐する謎の勢力が暗躍していた…というあらすじ。

そもそもなぜ一部の人たちが特殊な能力を身につけることになったのか?というオリジン話は劇中で紹介されていて、あれはあれで面白くなりそうな伏線ではある。男女ともに能力を得ているのだが劇中のTouchedは女性のほうが圧倒的に多くて、闘う少女、というのはウィードンの「バッフィー」っぽいなと。さらに言うとスーパーパワーを持ったチームが偏見に苦しみながら同胞のために戦うさまは、「アベンジャーズ」よりも「Xメン」によく似ているな。彼らのリーダーであるビドロウ女史が車椅子に乗っているのはまんまプロフェッサーXだし、彼らを狩る一味もヘルファイア・クラブによく似ている。おれウィードンがマーベルで執筆した一連の「Xメン」は好きなのでちょっと期待。

Touchedの人々が持つ能力は「Turn」と呼ばれ、例えばアマリアはケンカと酒に強いのに加えて未来を幻視する能力を持っており、ペナンスは天才的な発明家。あとは炎を自在に操ったり、他人の傷を治癒したりと多種多様。巨大な少女なんてのもいるぞ。これはXメンだとフォージの能力だよね、これはパイロであっちはカリストかな、とか勝手に脳内変換して観るのもオツかと。なお劇中では「Nevers」という言葉は一切出てきません。

出演はアマリア役にローラ・ドネリー、ペナンス役にアン・スケリー、って知らんなあ…。知ってるところではオリヴィア・ウィリアムズ、ジェームズ・ノートン、そしてニック・フロストなんかが出ています。役者の大半がイギリス人やアイルランド人というのが「ゲーム・オブ・スローンズ」っぽいかも。

70分以上ある第1話は長尺ながらいろいろ詰め込みすぎで、特に悪役の伏線が張られすぎだろという印象は受けたものの、こういうスチームパンクの冒険活劇って好きなので頑張って欲しいところです。ジョス・ウィードンの評判がどれだけ影響してくるかは微妙だが、第1話の視聴数は高かったそうなので第2シーズンも作られるかな?

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.