何も知らずに観て、大変面白かったカンフー・コメディ映画。

90年代にカンフーの達人である師父のもとで修行を積んだ3人の少年たち。彼らは「スリー・タイガー」と呼ばれ、武術試合でもストリートファイトでも圧倒的な強さを誇っていた。しかしそれから30年後、彼らはお互いとも師父とも疎遠になり、カンフーもやめてしがない日々を送っていた。仕事の合間に離婚した妻との子供の面倒をみているダニー、建設現場でヒザをやられたヒン、カンフーの代わりにブラジリアン柔術を教えているジム。しかし彼らは師父が亡くなったことを知って久しぶりに顔を合わせることになり、さらに師父の死には不審な点があることを知って、彼らは調査に乗り出すのだが…というあらすじ。

調査にあたっては血の気の多い連中が登場して、カンフー勝負(「比武」というのですね)で決着をつけるのだが、スリー・タイガーたちは体が鈍ってるのでへなちょこ勝負になっている。でも格闘シーンはよく撮れていて本格的だよ。その過程において、彼らが疎遠になった理由や、師父に対する後悔の念などが語られていく。主人公がダメ男という時点で個人的にはポイント高いのですが、30年遅れてやってきた青春ものというかバディものの要素もあって、ドラマとしてもよくできた作品であった。「コブラ会」が好きな人は楽しめると思う。

ダニーを演じるアラン・ウイって俳優を知らなかったのだけど、「Helstrom」に出てた人か。悲しい目をしたタイカ・ワイティティみたいな感じで主役を好演している。あとはヒン役に「ムーラン」のロン・ユアン。「ベスト・キッド2」のユウジ・オクモトがプロデューサーを務めるほかチョイ役で出ています。カンフー映画とはいえスタッフは中国系ばかりではなく、アラン・ウイは中国系とフィリピン系のハーフだし、監督のトラン・クオック・バオはベトナム系。クレジットにもアジア系の名前がズラズラと並んでいて、白人スターに頼らなくてもこういう映画が作れるようになったんだなあと感慨深いものがあった。

最後の展開とかはかなり読めてしまうのだけど、微笑ましい結末もあっていいんじゃないですか。お勧めの作品。

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.