「PIG」鑑賞

評論家に絶賛されているニコラス・ケイジの新作。これドンデン返しなどはないものの、話が進むにつれて登場人物の過去がいろいろ明らかになっていく内容になっていて、どこまでストーリーを語って良いのか悩むのですが、とにかく以下はネタバレ注意。

舞台はオレゴン州ポートランド。ロブは山奥の小屋にて世捨て人のように暮らし、ペットのブタとともにトリュフ狩りをして、それを街からやって来るキザな若者のアミールに売って暮らしていた。しかしある晩、ロブは小屋で何者かに襲われ、ブタを盗まれてしまう。そのため彼はアミールの手を借りて街に繰り出し、ブタの居場所を探すためトリュフにまつわる裏社会に飛び込んでいくのだった…というあらすじ。

こうして書くとイヌの代わりにブタが動機になる「ジョン・ウィック」みたいだが、冒頭は確かにあれっぽくて、地下闘技場みたいなところにロブが乗り込んでいって体を張って情報を聞き出そうとする。しかし徐々にロブとアミールの過去が語られていくにつれて話は渋いものになっていき、過去と喪失に向き合う男たちのドラマへと展開していく。ロブの過去の職業が話の大きなポイントなのだが、それはここでは明かさない。しかしロブ、仕事するときは手だけでなくて血まみれの顔も洗えよ。

ご存知のように、ニコラス・ケイジってここ10年くらいは「頭のおかしい暴力おじさん」みたいな役ばかり演じていて、自分が観たうちでも「ウィリーズワンダーランド」「カラー・アウト・オブ・スペース」「マンディ」「マッド・ダディ」などの一連の作品は正直なところ面白いとは思わなかった(評判のよい「グランド・ジョー」は未見)。今回も「ブタを盗まれて復讐に狂うおじさん」のような役を演じるのかな、と思いきやブタはマクガフィンでして、過去を抱えて生きる寡黙な男を好演している。評論家にも「かつてのケイジが戻ってきた!」と称賛されてるようで、個人的にも彼の演技が良いと思ったのは20年前の「アダプテーション」以来かなあ。

そんなロブと分かち合っていくアミール役に「ジュマンジ」のアレックス・ウルフ。「ヘレディタリー」のおかげで彼が車を運転すると同乗者の首がぽーんと飛ぶのではないかとハラハラしてしまうのです。あとはアダム・アーキンが年取ってなかなか渋い外見になって登場していた。

これ監督&脚本のマイケル・サーノスキーってほぼ新人の監督のようだけど、よく長編デビュー作からニコラス・ケイジやアレックス・ウルフみたいな役者を起用できたな(ケイジはプロデューサーも務める)。話の設定もそうだが、アミールとケンカしたロブが自転車を盗んで走り出すあたり、コメディっぽい展開を真面目に撮れるセンスがあるのかもしれない。パトリック・スコラによる撮影も美しいです。

海外で絶賛されているほどのクオリティを感じるかどうかは人それぞれだろうけど、とても良くできた作品ですよ。ニコラス・ケイジの復讐アクションなどは期待しないように。さてこのあとケイジはまた暴力おじさんに戻っていくのか、それともアカデミー賞俳優としての尊厳を取り戻すことができるのか?

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.