日本だと来月公開ですがHBO MAX経由でお先に。監督がリサ・ジョイ、製作がジョナサン・ノーランという「ウエストワールド」の夫婦コンビによるSF作品。以降はネタバレ注意。

舞台は近未来のマイアミ。国境を跨いだ何らかの大規模な戦争があったことが示唆され、その影響により海面が上昇して街の半分がヴェニスのように水に沈み、一部の金持ちだけが乾いた土地に住んで一般市民の反感を買っていた。そんな街でニックは相棒のワッツとともに、特殊な機械を用いて顧客に過去の思い出を追体験させる商売を営んでいた。そんな彼の店にメイという謎めいた女性が現れ、ニックと彼女は恋に落ちるのだが彼女は謎の失踪を遂げ…というあらすじ。

ニックの店にある機械は、顧客がヘッドバンドをつけて水槽に横たわり、ニックの音声ガイドとともに電流を流すことで、顧客が自分の好きな思い出を追体験することができる、という仕組みらしい。この思い出はニックを含めて他の人が外部から見ることができるので、ニックとワッツは警察にも呼ばれて容疑者の記憶探りなども手伝ったりしている。というかなんでそんな重要なテクノロジーを政府が管轄してないで、小汚い店などで運営できているのかはきちんとした説明なし。

技術を通じて現実逃避するというコンセプトは「ウエストワールド」に通じるものがあるし、ノーランつながりで言えばクリストファー・ノーランの「インセプション」に雰囲気はよく似ている。ただし人が現実から逃れて過去の甘美な思い出に浸りたがるというテーマの掘り下げが不十分で、ニックの機械が単なる「過去に何があったのか」の種明かしマシーンになっていたような。2時間以下の尺に近未来のコンセプトとかワッツの物語とかをきっちり入れ込んだ脚本は手堅いが、セリフが微妙に説明口調なのと、1つの手がかりから別の手がかりへと話が進んでいくあたりが、映画というよりも「バイオショック」みたいなPCゲームを見ているような気になってしまったよ。

主演のニック役はヒュー・ジャックマンで、ワッツ役が「ウエストワールド」のタンディ・ニュートン。フェミ・ファタールのメイ役がレベッカ・ファーガソンで、ほかにクリフ・カーチスなんかが出演している。キャストは豪華だしマイアミのセットも凝ってる一方で、アクションシーンが微妙にショボかったりして、これは予算の関係なんだろうか、それとも監督の手腕によるものなんだろうか。

これだけの独創的なコンセプトを打ち出しているので、いろいろもっと深堀りできるところはあっただろうし、そういう意味ではどうしても中途半端な印象を抱いてしまうのだが、手堅く作られたSF作品としては十分に楽しめる映画じゃないでしょうか。

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.