「FRENCH EXIT」鑑賞

良い評判を聞いていた作品。日本では「フレンチ・イグジット 〜さよならは言わずに〜」の題名で配信スルーだそうな。

裕福な寡婦のフランシスは身勝手な性格で、息子のマルコムを12歳の頃から放任主義で育ててきた。そんな彼女は財産がすぐに底をつくことを銀行より知らされる。財産が尽きる前に死ぬつもりだった彼女は「死ななかった」のでニューヨークのアパートを売り払い、パリにある知人のアパートにマルコムと移り住むことになる。こうして母と息子と猫1匹のパリ生活が始まるのだが、やがて彼らのアパートには様々な人が集まり…というあらすじ。

ヨーロッパを舞台にしたアンサンブルコメディ、という点ではウェス・アンダーソン作品に似てなくもないが、あっちよりも金銭問題とか恋愛関係とかがリアルに描かれていて、もうちょっとアダルトな雰囲気。色彩も当然アンダーソン調ではないが、パリの風景が美しく撮影されていて良いですよ(モントリオールでも撮影したらしい)。パリのウェイターが横柄なところもちゃんと描写されている。

題名の「French Exit」というのは、例によってフランス貶しの表現の1つで、「断りもなしに急に去ること」を指すのだそうな。この作品も急に登場したと思いきや、突然去っていく人たちがチラホラ。まあ人生にすっきりとした別れなんて無いということか。フランシス本人が前述したように人生の退出タイミングを間違えたような人で、金の切れ目が人生の切れ目であるかのように、残った資産を惜しみなく人に与えたりして退出に向かっていく。

タバコをスパスパ吸ってる有閑マダムのフランシスを演じるのがミシェル・ファイファー。おれ彼女ってあまり好きな役者ではなかったのだけど(実を言うと、夫のデビッド・E・ケリーの最近の作品が好きになれないのが大きな理由だが)、今回の役は実にハマっていて、絶賛されているのもよくわかる。そんなフランシスを怪訝そうに見守る息子のマルコム役のルーカス・ヘッジスもいい感じ。マルコムの婚約者役にイモージェン・プーツ。フランシスたちと勝手に友人になる未亡人をヴァレリー・マハフェイが演じていて、おれこの人知らなかったのだけど非常に良い演技でした。

原作は「The Sisters Brothers」のパトリック・デウィットの小説をデウィット自身が脚本化し、「モーツァルト・イン・ザ・ジャングル」のアザゼル・ジェイコブスが監督。最近のクドくなってきたウェス・アンダーソンの作品よりこっちのほうが好きかも。良作。

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.