地上波放送では史上最低の視聴率を叩き出した東京オリンピックに続いて米PEACOCKが送る、素人参加型のスポーツゲーム番組。日本のコナミが1981年に出したアーケードゲーム「フロッガー」をもとにしていて、あれ日米で人気が高くていろんな機種に移植されてるし、リメークも出たりしてるのでプレーしたことのある人が多いと思うが、タダでも遊べるので興味がある人はどうぞ。

番組では参加者がゲームにおけるカエルとなって、ステージに張られた水に落ちないように、ハスの葉やカメや岩を模したポリウレタンだかプラスチックの上を飛び移ってゴールを目指すのだが、ゲームと違ってステージは縦長でなくて四角い屋内をぐるっと回る感じだし、ステージの種類もいくつかあって宇宙ステージとか海賊ステージなんてのも存在する。それで1エピソードあたり6人の参加者が3つのステージを2人ずつ競い合い、それぞれのステージでの勝者(ゴールまで着かなくても、より遠くまで進んだほうが勝ちとなる)の3人が最終ステージで競い、勝者が賞金1万ドルをゲットするというルールみたい。

とにかく下に落ちないように足場を跳び移って進んでいくゲーム番組、という点ではNetflixの「Floor is Lava」(未見)に近いのかな?ただ参加者はゲーム同様に3つまでライフを与えられているので一発アウトのスリルがないのと、体が水に落ちても足場に手がかかってればセーフと見なされるので、参加者が二本足でテンポよく跳び移るのではなく上半身から倒れるような形で足場を移っていくのがちょっとトロいな。カエルのように跳んでいるといえばそれまでなのだが。横から水が吹き出ているコースが結構エグくて、そこで早々に脱落してる人が多いあたり、全体的な難易度の調整はまだまだ必要かと。

番組の司会/コメンテーターはデーモン・ウェイアンズJr.と、スポーツキャスター&俳優のカイル・ブラント。ウェイアンズJr.って「ニュー・ガール」とか「Happy Endings」といったシットコムで活躍してるのだから、こんなゲーム番組の司会しなくても良いと思うのだが…。まあふたりの陽気なかけあいと、編集によってそれなりに楽しめる番組にはなっているんじゃないでしょうか。失敗しても製作費はオリンピックの数億分の1くらいだろうし。

しかしオールドゲーマーとしては、ステージのゴールが1つしかなくて、ゲーム版の「左端のゴールがとてつもなく到着しにくい」設定が反映されてないのが気にくわんな。でももしこれが人気を博したら、次は風船に吊り下げられた参加者が戦いあう「バルーンファイト」、落とし穴をつくってお互いを落とそうとする「平安京エイリアン」、ステージに潜んだ猛獣と麻酔銃で戦う「トランキライザーガン」あたりがゲーム番組化しやすそうなんだが、いかがでしょう?

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.