「MY SON」鑑賞

地上波放送では史上最低の視聴率を叩き出した東京オリンピックに続いて、米PEACOCKが送る(って前に書いたね)オリジナル映画。クリスチャン・カリオン監督がフランスで撮った「凍える追跡(Mon Garcon)」を自分でリメークしたものだそうな。

舞台は荒凉としたスコットランドの山間部。別れた妻から、彼らの息子がキャンプ場で行方不明になったとの連絡を受けたエドモンドはひとりスコットランドに戻り、元妻や警察から現場の状況や捜査の具合などを聞く。しかしロンドンの警察本部からの謎の圧力により地元の警察の協力が得られなくなったことから、エドモンドは自分で捜査を行い息子を見つけ出そうとするのだったが…というあらすじ。

実のところサスペンスとしてはかなり凡庸なつくりで、TVシリーズの刑事ドラマのほうがもっとプロットが面白くないか?と感じてしまう。主人公が中東で石油ビジネスに関わってることが明かされて、息子の誘拐がそれに関連してるのではないかという話も出てくるものの、なんか中途半端に終わってたし。

じゃあこの作品の特徴は何かと言うと、予告編でも紹介されてるが、主人公のエドモンドを演じるジェームズ・マカヴォイに「一切脚本が渡されてない」ことなんだそうな。ほかの役者は脚本どおりに役を演じているなか、マカヴォイは即興で演技をしてセリフを話し、事件の新情報をその場で知り、自分で謎を解決していかなければならない、という設定のようです。もちろん謎解きゲームではないのでマカヴォイはあくまでも役に乗っ取って演技をしていかなければならず、「スペースボール」みたく「凍える追跡」のDVDをレンタルして結末を知る、というチートは残念ながら行っていなかった。

即興劇というとコメディで演じられる場合が多いが、サスペンスで使われるのは珍しいかな。ただし主人公の職業などといった設定は事前にいろいろ決められているのだろうし、エドモンドが突然人をぶん殴る展開なんかを観ると、ある程度の打ち合わせはあったんじゃないのかと勘繰ってしまう。マカヴォイも劇中で新しい事実を知っても、眉間にシワを寄せて「何!?」と反応してるだけであまり頭を使ってるように見えないし。これ新情報というか手がかりにマカヴォイが気づかずスルーしてたらどうしてたんだろうな。

全体的にプロットに、マカヴォイが演技できる幅というか「遊び」が与えられていて、こういう作品に本来求められるべきである、緻密に練られた脚本が欠如しているのは致命的なんじゃないか。即興の演技は嫌いじゃないけど、サスペンス作品の場合は、完成している脚本に味付けをする程度の役割を果たすべきでは。全編ワンショット撮影の「ヴィクトリア」を観た時も思ったけど、撮影時のギミックが結果的にその作品の面白さに貢献してないと、それ使った意味がないよね、とつい考えてしまうのです。

出演者はマカヴォイのほかに元妻役にクレア・フォイ。スコットランドの寒々しい山と自然の風景は個人的にとても好きで、このようなサスペンス作品にはよく似合うと思ってたので、脚本の緩さがいろいろ残念な作品であった。

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.