良い評判を目にしていたジョージア(アメリカじゃないよ)の映画。

舞台はジョージアの街(クタイシ?)。ワールドカップの放送に人々が期待するなか、ギオルギとリサという男女が街中で出会う。1日のうちに何度か出会ったふたりは、次の日にカフェで会いましょうと約束をして別れる。しかしその晩、ふたりは悪い呪いをかけられ、外見をまったく違う人のものにされてしまう。それでも約束通りカフェに向かうふたりだったが、お互いの外見が異なっているために気づかず再会はできなかった。さらに呪いの影響で職を変えることになったふたりは、ごく近くの場所で働くことになるものの、それでもお互いの正体には気づかず…というあらすじ。

あらすじだと災厄がふりかかってきた恋人の物語のように聞こえるが、全くそんな内容ではなくて、外見が変わった(異なる役者が演じている)ギオルギとリサがそのまま普通に暮らし、また接近していくさまが淡々と描かれている。呪いをかけたのは誰かとか、解くにはどうするのかといった展開は全くなし。

2時間半の長尺だが、子供たちがサッカーをして遊んでいる光景とか、野良犬がサッカー中継を観る話とかに多くの時間が割かれていた。監督のAlexandre Koberidze自身によるナレーションがまた飄々としていて、現代のおとぎ話を聞かされているような感じになってくる。ペースが間延びしているといえばそれまでだが、ジョージアの日常なんてそう目にするものではないから退屈ではなかったよ。

ロングショットで撮影されたシーンが多くて、街の風景を遠くから眺めるような雰囲気をだしているほか、主人公ふたりの外見が変わっても特にクローズショットになったりせず、逆に人物の足元をよく撮っているあたり、自分の撮りたいものがよく分かっている監督だなと思いました。画面上に突然テロップが出て、「合図するまで目を閉じてください。いいですね?」なんて観客に指示する演出もあり、遊び心に溢れてました。

万人向けの作品ではないだろうけど、ほんわかした心地よい作品。ジョージア語は文字が可愛いね。

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.