こないだhuluで何かの番組を観てたら、本来CMが入るところに「ここはCM枠です。ここで宣伝したい場合はhuluまでご連絡ください」みたいなメッセージが流れてたので、よほど広告枠が売れてないんだろうなと思ったんだけど、この記事によると広告売上がyoutubeに匹敵しそうな勢いなんだとか。

でもそもそもyoutubeとhuluを比較する意味ってあるのかね。前者は素人投稿型のサービスなのに対し、後者はメジャースタジオが金を出資して自分たちの番組を流しているわけで、同じウェブ上の動画サービスであっても元来の目的が違うと思うんだが。そのコンテンツの特性上huluは国際展開ができないし。まあyoutubeでの海賊版流出への対抗としてhuluが作られたという見方はできるのかな。

何にせよこの不景気な世の中ですから、オンライン上での広告が増えているということはテレビCMにまわされる予算が減っているということであり、この傾向が何年も続けばテレビよりもネットのほうがより多く製作費をかけた番組が作れるようになるのかな、と漠然と考えずにはいられないのです。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now