「ウォレスとグルミット」の30分ものとしては13年ぶりの新作。こういう番組を国営放送が流してくれるイギリスって羨ましいよなあ。

今回のウォレスとグルミットは自宅でパン屋を営んでおりまして、相変わらず怪しい発明品だらけのパン屋なのですが、それなりに繁盛しているようなのでした。そんなある日、彼らはパイエラという女性を自転車事故から救い出す。彼女は若かりし頃にパンのCMに出ていた女性で、ウォレスにとって憧れの存在なのでした。そのままいい仲に発展していくウォレスとパイエラ。しかし巷ではパン屋が次々と殺されていくという事件が起きており、グルミットはそれらの事件にパイエラが絡んでいることに気づくのですが…といった内容の作品。パイエラの飼い犬としてフラッフルズというメスのプードルも出てくるぞ。

粘土アニメーションの出来は相変わらず素晴らしいし、細かいジョークも満載で「エイリアン2」のパロディもやってくれるなど十分に楽しめる作品になっている。しかし単なる殴り合いや暴力的描写が多いなど、今までの作品に比べるとちょっとウィットに欠けたものになっているかな。最後の爆弾の処理方法だってもっと面白く出来たと思うんだが。ここらへんは製作期間が短かったことが影響しているのかも。それでも大変に楽しめる作品であることには変わりないので、今後も2年に1度くらいはこうして新作を発表していって欲しいところです。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now