ゴム製の犬のパペットが葉巻をくわえて有名人なんかを罵倒する「Triumph, the Insult Comic Dog」なんかの仕掛人であるコメディ作家ロバート・スマイゲルが長年手がけてる「TV Funhouse」という風刺アニメがあるんだが、その一連の作品が「サタデー・ナイト・ライブ」の1回分全部を使って放送された「Saturday Night Live: The Best Of Saturday TV Funhouse」を観る。概して「SNL」ってベタなスケッチしかやらないので俺は好きじゃないんだけど、これはかなりキツいジョークが多くて非常に面白かった。

スティーブ・カレルとスティーブン・コルベアが声を演じる2人組のスーパーヒーロー「どうもゲイみたいなデュオ(Ambiguously Gay Duo)」をホストに、新旧のアニメが紹介されてくんだが、古くはクリントンの弾劾裁判から最近ではブッシュの再選まで、その標的となるネタは実に多彩。子供の匂いに誘われて宙を舞うマイケル・ジャクソンとか、G.I.ジョーばりの「サダム&オサマ」とか、ヤバいネタが次々に紹介されていく。あと60年代のハンナ・バーベラのような昔のカートゥーンのパロディの形式をとった作品が多くて、悪党を切り刻むシャザーンとか、仕事を求めて暴力を振るうミスターTとか、放送禁止になった作品が封印されてるディズニーの秘密基地(ジム・ヘンソンが囚われている)とか、訴えられなかったのが不思議なくらいに危険なパロディが連発されていた。その一方で「ピーナッツ」にはちょっとしたオマージュをしてるのもナイス。

この他にも人形アニメや50年代の教育映画のパロディ(実写)などが満載で、とにかく抱腹絶倒の90分。訴訟社会と言われつつも、こんなネタが普通に地上波で流せるアメリカって羨ましいよなあ。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now