BRASS EYE」のクリス・モリスって最近何をやってるのかと思ったら、「FOUR LIONS」なる自爆テロリストを主人公にした映画を作っているらしいぞ。ネット上に転がっていた文書を訳してみると:

「Four Lions」プロジェクトがいったい何なのか、多くの人が我々に尋ねてきました。撮影されていない映画を公開できないことは明らかですが、あたりに流布していた書類からいくつかの文章をここにまとめました。これは恥知らずの宣伝ではありますが、正確なものであります :あなたが新聞で読んだことの大半と違って。この映画の脚本を読んだ事がある人は、ここに書かれたことを否定できないでしょう。

3年の調査期間をかけ、クリス・モリスはテロリズムの専門家やイマーム、警察、シークレット・サービス、そして何百人ものイスラム教徒と話をしました。ジハードの訓練をして戦った者でも、バカげたことの多さを語っています。訓練用のキャンプにおいて若きジハード兵たちはハチミツについて口論し、母親を求めて泣き、お互いの足を吹き飛ばし、ヘビを追いかけ、喫煙したことでキャンプを追い出されます。自爆用のビデオ撮影開始から1分たったとき、困惑した表情を浮かべて「いまの質問なんだったっけ?」と聞き返す自爆テロリスト候補。1999年の大晦日に、アメリカの戦艦を爆破しようとした5人のジハード兵たち。彼らはボートを水に浮かべ、爆薬を注意深く積み込みました。ボートは沈みました。

テロリストの部隊は、男だけのパーティーや5人サッカーのチームのごときグループ精神を持っています。そこには葛藤や友情、誤解やライバル意識があるのです。テロリズムの背後には思想がありますが、それと同時にマヌケもいるのです。
「Four Lions」は愉快でスリルに満ちた架空の物語で、我々の文化のすべてを超えた洞察力をもって、現代のイギリスのジハード兵に光をあてます。この映画は、若きジハード兵たちを理解できない異国人としてみなす我々に新たな見解を与えてくれます。彼らがどこかに失せて欲しいと願ったり、彼らを生む文化全体を拒否することの愚かさを教えてくれるのです。この映画はテロリズムがいかに男性ホルモンと結びついているかを説明します。またジハード兵が人間であることを説き、そして人間が本質的にバカであることを説きます。「スパイナル・タップ」がヘビー・メタルを理解し、「博士の異常な愛情」が冷戦を理解したように、「Four Lions」もまた現代のイギリスのジハード兵を理解しているのです。

だってさ。なかなか面白そうではありませんか。当然ながら資金集めは苦労したらしいが、早ければ年内にも撮影&公開されそうなので、ここはひとつ期待しておきましょう。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now