ずいぶん前から宣伝してたような気がするけど、やっと今度放送されることになったアイアンマンの新作アニメ。90年代にあったやつとちがってCGアニメになってるものの、キャラクターの表情なんかは結構うまく描写されていたりする。

映画版との最大の違いは主人公のトニー・スタークがティーンエイジャーという設定になっていることで、これは対象の視聴者が子供である事を考えれば理解できなくもない。ただ我々アメコミファンにとって「ティーンのトニー・スターク」というのは嫌な思い出がありまして、あれは1996年あたり、90年代初頭に始まった「ヒーローの中の人の交換」というトレンド(スーパーマンの死とか)が終焉を迎えようとした頃、アイアンマンことトニー・スタークは精神を操られた悪者だったというストーリーが突然始まりまして、悪に寝返ったアイアンマンを倒すためにキャプテン・アメリカをはじめとするアヴェンジャーズは過去からティーンのトニー・スタークを呼び出し(なんで?)、両者の戦いにおいて大人のトニーは絶命し、代わりにティーンのトニーがアイアンマンとして活躍することになる…という、かなり強引なヒーローの若返り作戦が行われたことがあったんだよな。これに大してファンは拒絶反応を起こし(アメコミのファンは変化を嫌うのだ)、スパイダーマンの「クローン・サーガ」並みの大失敗になるかと思われたんだが、幸いにもそのすぐ後にマーヴェル最大の“やり直し”イベントである「ヒーローズ・リボーン」が行われたんでティーンのトニーは姿を消し、大人のトニーがしれっとした顔で再登場することになったんだよな。

こんな経歴があるんでネット上ではこのアニメのトニーに対する不満は強いみたいだけど、まあ映画や原作とは別物として割り切って観ればそれなりに楽しめるんじゃないですか。アクション・シーンとかもよく出来てるし。個人的にはやはりウォー・マシーンが出てこないのが不満ではあるが。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now