とりあえず眩しい映画。観るときは明るいところで観ましょう(笑)。

*以降はネタバレ注意*

映画そのものとしては85点くらいあげてもいい出来なんだけどね、オールドファンとしては観終わったあとに何かポッカリと空しいものを胸のなかに感じてしまったよ。その理由は至極単純で、旧シリーズとの整合性をもたらすために持って来られた(と俺は思う)タイムトラベルの要素が、結局のところ旧シリーズとの断絶を決定的にしてしまったところ。

いやさ、「あれはあれ、これはこれ」と切り分けられればいいんだけど、じゃあ老スポックなんて連れ出してくる必要がなかったんじゃないのかと。例えば劇場版第4作目におけるスポックと母親のやりとりなんて非常に好きな場面なのですが、あれをいきなり「なかったこと」にされても、ねえ。そもそも宇宙連邦って時間調査課が存在しなかったっけか?DS9に出て来たダルマーとラクスリーは、こんな重大な歴史改変を許してしまうのか?まあ別れた恋人のことを想ってウジウジ悩むのか、気分を入れ替えて新たな恋愛活動を始めるかを迫られる映画なのかもしれない。俺は私生活でも明らかに前者ですが。

新しい俳優陣は特にミスキャストもなく、みんなうまい具合に役にハマりこんでいるという感じ。特にマッコイ役のカール・アーバンが予想以上に良かったかな。残念なのはエリック・バナ演じる悪役がものすごく型にはまったキャラクターということで、暗い宇宙船のなかで邪魔そうな武器をもち、しかめ面して怒鳴るだけ。こんな奴にバルカン人は負けるなよ。

ストーリー自体はテンポも良くてアクションも多く、観る人を飽きさせない出来になっている。ただ「M:I-III」のときも感じたけど、J・J・エイブラムスってプロットを巧妙にヒネった娯楽作を手堅く作ることに長けているけど、そこから先のドラマの部分に関しては凡庸なことしか出来ないんだよな。誰もスター・トレックに感動的なドラマを求めてはいないかも知れないが、そこを磨かない限り彼はスピルバーグのようにはなれないでしょう。最近の「ダークナイト」や「スパイダーマン2」から察するに、こうしたフランチャイズ映画はオリジン話に時間をとられる第一作よりも続編のほうが面白くなる傾向があるようなので、この「スター・トレック」も第二作目に期待したいところだけど、その際の監督はエイブラムスじゃないほうが良い結果になるんじゃないかな。

まあいろいろ書いたけど映画としては十分に楽しめる作品だと思う。日本で大ヒットするかというと微妙だけど、デートムービーとして鑑賞できるスター・トレックというのは画期的ですからね。日本のトレッキーどもよ、女の子と映画を観にいける生涯一度のチャンスが来たぞ!

追記:
そういえば怒りに震えるスポックに対して、サレクが語りかけるシーンで「復讐するな」という字幕が出るんだけど、あれって「怒りを抑えるな」という方が正しいんじゃないの?そうしないと次の「私は彼女を愛していた」(感情の肯定)に続かないと思うんだが。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now