シーズン3が好調に開始し、現在最良のテレビ番組としての座を固めつつある「BATTLESTAR GALACTICA」だが、シーズン開始前にウェブサイト用に独自に製作されたミニ・エピソードをめぐって会社と製作者がモメてるそうな

なんでも配給会社のNBCユニバーサルが「ミニ・エピソードは宣伝素材だ」としてライターたちにギャラ(厳密には印税)を払わないことにしたのに対し、ロン・ムーアが猛反発してミニ・エピソードの提供をボイコットすると言ってるらしい。これって古くはテレビやビデオが登場したときもそうだったけど、新しいメディアが出てくると必ず印税とか二次使用料とかでモメごとが起きるんだよね。今後はiTunesストアでダウンロード販売されてる作品なんかについても、印税に関する議論は活発化してくんだろう。

でも「ギャラクティカ」って大ヒットしてNBCユニバーサルにそれなりの利益をもたらしてるわけで、こんなことでモメて本シリーズの製作に影響することがあれば結局は会社が損することになると思うんだけどね。この作品がここまでヒットしたのはムーア(長髪がムサい)」の技量に負うものが多いんだから、ちゃんと印税くらい払えばいいのに。

追記:シーズン3のエピソード4は今までのなかでも最高の出来の1つ。ギャラクティカの度肝を抜く救出作戦がカッコ良すぎ。すげー。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now