c0069732_0153294.jpg

WOWOWがこんど「エキストラ:スターに近づけ!」という相変わらずセンスのカケラもない邦題で放映する、リッキー・ジャーヴェイスのシットコム「EXTRAS」のシーズン2を観る。

シーズン1との大きな違いは、今まではジャーヴェイス演じる主人公がタイトル通りセリフも無きエキストラだったのに対し、シーズン2では人気のある(しかし批評家には酷評されている)シットコムのレギュラー役を獲たことで、彼が徐々に有名になっていくのが特徴になっている。。特にシーズンの前半ではもっと真剣な役を演じたいと感じる彼の葛藤、後半はプチ有名人となった彼が経験する気まずいシチュエーションの数々が話の軸になっていた。ドラマ色が強い番組であることは前にも書いたけど、このシーズンでも他の有名人と対等に扱ってもらえない主人公の悲哀や、未ださえないエキストラを続ける親友のマギーの姿なんかが結構真面目に描かれてた。

このようにドラマ色が強い一方、声を出してゲラゲラ笑える場面も多くて、特にスティーヴン・マーチャント演じる能無しのエージェントのボケっぷりが最高に面白いんだけど、大半のネタは主人公が直面する気まずい状況(昔の恋人に罵倒されるとか、舞台でゲイの役を演じさせられるとか)を中心にしたものになっていた。そしてこれらを観ててふと気づいたんだけど、この笑いのとり方って同じHBOの「CURB YOUR ENTHUSIASM」(邦題忘れた)にそっくりなんだよね。周囲の人の勘違いや多少の悪意から主人公が気まずい状況に置かれるまでの描写がかなり似ているし、主人公がちょっとした有名人だという点も同じ。ジャーヴェイスは以前から「CURB」およびラリー・デイビッドのファンであることは公言しているし、オリジナルの要素が満載の「EXTRAS」を単なるパクリ作品と呼ぶわけにもいかないんだが、個人的にはこういう主人公の苦境を笑うようなジョークってあまり好きじゃないんで、あまり面白いと思わないネタもそれなりにあったかな。

あとシーズン1同様にいろいろな有名人が本人役で毎回登場するんだが、その殆どが横柄(オーランド・ブルーム、クリス・マーティン)もしくはスケベ(ダニエル・ラドクリフ、ロバート・デ・ニーロ)という典型的な「意外な素顔の有名人」を演じていて、どれも似たり寄ったりで厚みのないキャラクターになってしまっているのが残念なところ。妖怪のようなスティーブン・フライは相変わらず良かったけど。あと、身体障害者関係のネタがどことなく多いのもなんか気になる。

ジャーヴェイスの名を一気に高めた「THE OFFICE」は2シーズンとクリスマス特番で神のような領域に達したシットコムだったけど、残念ながらこの「EXTRAS」はシーズン2が終わっても迷走状態を続けているような感じが否めない。製作が既に決まっているシーズン3での健闘にとりあえず期待しましょう。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now