リチャード・ケリーの新作。キャメロン・ディアスもオバハンになったな。

「サウスランド・テイルズ」は風呂敷を広げすぎて失敗した感のあるケリーだけど、今回はリチャード・マシスンの短編が原作とのことなので、「ドニー・ダーコ」くらいにはコンパクトにまとまった話になることを期待(なんか派手なアクションがありそうだけど)。

リチャード・マシスンのテレビ/映画に対する貢献度というのは、もっと評価されていいと個人的には思う。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now