c0069732_2035757.jpg

「ドクター・フー」のスピンオフ作品「TORCHWOOD」がついにこないだ英国BBCで放送開始された。

トーチウッドとは何ぞや?というのが昨シーズンの「ドクター・フー」の全体的なテーマだったわけだが、これはドクターを含めたエイリアンの脅威から地球を守るために創設された秘密組織で、それって本来はUNITの業務じゃないかと思うんだが、あちらよりもさらに極秘の組織らしい。「ドクター・フー」ではロンドンにあるトーチウッド第1支部が登場したが、このシリーズの舞台となるのはウェールズのカーディフにある(何とローカルな…)第3支部。そこのリーダーを務めるのは、これまた「ドクター・フー」に登場したキャプテン・ジャックことジャック・ハークネス。ただしあのときの彼とはずいぶん性格設定などが異なっており「彼は何者か?」というのがシリーズを通じた謎になるようだ。そして彼の指揮のもと、トーチウッドのメンバーたちは今日もエイリアンから地球(もしくはカーディフ)を守っていくのであった…というのが話のおもな設定。

ここまで読めば分かるかもしれないが、作品の内容は要するにイギリス版「メン・イン・ブラック」もしくは「Xファイル」といった感じであまり斬新さはない。実質的な主人公である女性警察官グウェンが、ふとしたことからトーチウッドの存在を知り、彼らを追っていくうちにメンバーとして加わることになるという第1話の展開も非常に典型的。いちおう製作側は「大人向けのドクター・フー」という売り込みをしているみたいだけど、同性同士のキスシーンとか色情狂のエイリアンが出てくる程度じゃあまり感心しないのよ。「ドクター・フー」は真剣な状況におけるドクターのエキセントリックな行動が最大の魅力だったわけだが、こちらは話を真剣に作りすぎてるきらいがあるのが欠点か。そのくせメンバーが無断でエイリアンの備品を自宅に持ち帰ってたり、目の前でエイリアンを本部から脱走させてしまったりと「あんたら本当にプロなの?」と思うようなポカばっかりやってるのも減点もの。

そして個人的にいちばんマイナスだったのは、グウェン(上記写真左)が「ドクター・フー」のローズ同様にとってもドブスだということ。目だけ変にパッチリしてて下ぶくれ気味で、歯並びが悪いところはローズそっくり。いくらイギリスとはいえもうちょっと可愛い女優がいるだろうに。製作者の趣味か?

まかりなりにも天下の「ドクター・フー」のスピンオフ作品だから今後も見続けるだろうけど、もうちょっとクオリティの向上に期待したいところです。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now